全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>U20女子、ドミニカ共和国にストレートで勝利し、失セット0で予選リーグをトップ通過

トピックス

2019-07-16 01:13 追加

U20女子、ドミニカ共和国にストレートで勝利し、失セット0で予選リーグをトップ通過

女子U20世界選手権の結果

V1リーグ 女子 / 全日本代表 女子 / 大学バレー 女子 / 高校バレー 女子

 第20回女子U20(ジュニア)世界選手権大会は14日(日本時間15日)、アグアスカリエンテス(メキシコ)で第3戦が行われ、予選リーグD組の日本チームはドミニカ共和国と対戦。3-0(25-15、25-21、25-23)で勝利し、3戦全勝、1セットも落とすことなく予選リーグをD組1位で通過した。

 日本チームのスターティングメンバーは、曽我啓菜、山田二千華、西川有喜、石川真佑、平山詩嫣、中川つかさ、リベロ・水杉玲奈。

 第1セット、今大会好調の曽我がスパイクを決め、幸先のよいスタートとなる。西川のブロック、石川主将のスパイクも決まって5-0とリードする。山田のサービスエースなどでリードを広げたが、相手のマルチネスに強打を決められ、13-10とされる。しかし西川のスパイクや相手のミスで19-12と再び点差を広げ、そのままセットを先取した。

 第2セットは宮部愛芽世、西村弥菜美、荒木彩花をスタートから起用。序盤は中川(つ)のトスワークから山田や平山のクイックが決まり、西村のストレートスパイクもさく裂し、5-1とリードした。
 宮部のスパイクや山田のブロックなど、各選手が活躍して19-13とし、終盤へ。荒木のクイックや宮部のブロックが決まり、最後は西村のスパイクで25-21とし、セット連取に成功した。

 第3セットも第2セットと同じメンバーでスタート。序盤のミスが響いて0-4とリードを許すが、すぐに西村がスパイクを決めると、途中出場した園田風音のサービスエースや荒木とのコンビで5-5とする。
 その後は一進一退、終盤までドミニカ共和国が一歩リードでサイドアウトの応酬が続く拮抗した展開となる。しかし、荒木のクイックで23-23の同点に追いつくと、最後は山田のブロックが決まり、25-23でこのセットを奪って勝利した。

 次戦はクオーターファイナルラウンド(1-8位)となり、16日(日本時間17日)に予選リーグA組2位のアメリカと対戦する。

写真提供:FIVB

写真提供:FIVB

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック