全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>パナソニック新ユニフォームお披露目深津主将「Let’s noteとともに優勝します!」Let’s note新製品発表会

トピックス

2019-09-24 16:52 追加

パナソニック新ユニフォームお披露目深津主将「Let’s noteとともに優勝します!」Let’s note新製品発表会

パナソニック新ユニフォームお披露目&Let’s note 新製品発表会

V1リーグ 男子

Let’s note と大竹壱青、深津英臣、渡邉奏吾

パナソニックは24日東京都赤坂にてLet’s note 新製品発表会を行い、パナソニックパンサーズから深津英臣主将、大竹壱青、渡邉奏吾が2019-20シーズンの新ユニフォームで登場し、大竹の豪快なスパイクで会場をわかせた。

また、起動が速くなったLet’s noteとクイックのどちらが速いかをビデオで検証。Let’s noteの起動役はまさかの清水邦広が担当し、速攻は山内晶大が担当した。深津主将は「このときは、かなり速さを意識したんですが、Let’s noteのほうが速くて悔しかったですね」とコメント。大竹選手はパンサーズの現場でのLet’s noteの活用について聞かれ、複数の画面でプレーを検証したり、プレーの分析をするアナリストの方がいて、本当に役立っています」と太鼓判を押した。

新ユニフォームは背中に「Let’s note」のロゴが入る。深津主将は「まさにLet‘snoteを背負って戦うことになります。Let’s noteとともに今季も優勝します!」と力強く宣言した。

フォトギャラリーはこちら

検証動画はパナソニック公式サイトから見ることができる。今後もパンサーズとLet’s noteのコラボ動画などがアップされるとのことだ。

今回発表されたLet’s noteは、QV8シリーズ、LV8シリーズ、SV8シリーズ、RZ8シリーズで、いずれもオープン価格だが、約27万円からの販売となる見込み。「A4用紙よりコンパクトでも高機能」を売りに、新幹線の中で作業するときに、缶ビールをおいてもじゃまにならない大きさをアピールしていた。クアッドコアCPU搭載、12.0型液晶、2MM

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック