全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>姫路 浅津ゆうこ、高木理江が引退

トピックス

2020-05-15 21:48 追加

姫路 浅津ゆうこ、高木理江が引退

姫路 引退選手の発表

V1リーグ 女子

 ヴィクトリーナ姫路は15日、浅津ゆうこ、高木理江の両選手が現役を引退することを発表した。

 浅津選手は開星高(島根県)卒業後、久光製薬、パイオニア、岡山を経て、2017年に姫路に入団。2018-19シーズンのV2リーグ初参戦、初優勝の立役者としてチームを牽引し、MVPを受賞した。

 高木選手は三田尻女子高(現誠英高/山口県)卒業後、JTに入団し、2011年に引退。6年のブランクを経て、2017年に姫路で現役復帰した。ポジションはJT時代のアウトサイドヒッターからミドルブロッカーにコンバートし、若い選手たちの精神的支柱となってチームを支えた。

 両選手からのコメントは、チーム公式サイトへ。



写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック