全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>ヴィアティン三重 2020-21新体制発表 落合一輝が新主将に

トピックス

2020-06-07 16:27 追加

ヴィアティン三重 2020-21新体制発表 落合一輝が新主将に

2020-21新体制の発表

V2/V3 男子

V.LEAGUE DIVISION2男子のヴィアティン三重が2020-21シーズンの新体制を発表した。

主将に落合一輝(背番号20)、副主将に中村有登(背番号19)が就任した。
2019-20シーズン限りで引退した田中一彰前主将はシニアマネージャーとしてフロント入りし、併せてチームアドバイザーに就任した。

キャプテンとなった落合一輝選手

チームスタッフおよびフロント体制は以下の通り。

【チームスタッフ】
監督 亀田吉彦(留任)
コーチ 岸本健(留任)
コーチ 長屋裕介(留任)
チームアドバイザー 田中一彰(新任)
トレーナー 谷岡雅人(留任)
マネージャー 柿市唯(留任)
アシスタントスタッフ 浦本大誠(留任)

【フロント】
GM 中尾聡(留任)
チームディレクター・広報渉外統括責任者 椎葉誠(留任)
運営部長 和田幹雄(役職変更)
総務部長 山田太(留任)
シニアマネージャー 田中一彰(新任)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック