全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>デンソー シニアード・ジャックとジャン ティ タン トゥイーが退団

トピックス

2020-07-03 18:53 追加

デンソー シニアード・ジャックとジャン ティ タン トゥイーが退団

デンソー 退団選手の発表

V1リーグ 女子

 デンソーエアリービーズは3日、外国人選手として2シーズンにわたり活躍したトリニダード・トバゴ代表のシニアード・ジャック、2019-20シーズンのアジア枠外国人選手としてベトナムから加入したジャン ティ タン トゥイーの2選手が退団することを発表した。
 
 両選手からのコメントは以下の通り(チーム公式サイトより)。

No.18 シニアード・ジャック選手

日本でプレーするのは、プロとしてプレーするようになってからずっと夢でした。デンソーが夢をかなえる機会を与えてくれたことに感謝しています。 デンソーでプレーをして、自分自身やゲームについてもっと学ぶことができ、新しい言葉や日本文化についても学ぶことができました。 また家族のような新しい友達を作ることができました。別れを告げるのはとても難しいですが、いつかまた一緒にプレーをして新しい思い出を作れたらいいなと思います。
また会いましょう!

No.22 ジャン ティ タン トゥイー選手

2019-20の1シーズンのみでしたが、私を受け入れていただきありがとうございました。天皇杯や黒鷲旗が中止となったことはとても残念でしたが、デンソーエアリービーズの一員としてファイナルまで戦えたことは、私にとって大変貴重な経験となりました。日本のリーグは初めての挑戦でしたが、チームワークの良さや日本人のやさしさ、自分自身のプレーを見直すことができましたので、今後に活かしていきたいです。また、ファンの方々やスポンサーの皆様にはたくさんサポートしていただきとても愛されている素晴らしいチームだと思いました。
またデンソーエアリービーズでプレーできる日を楽しみにしています。

写真:黒羽白、堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック