全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>V2リーグ男子 10月25日旭川大会の結果 長野GaRons今季初勝利、ヴォレアス北海道は2連勝 サフィルヴァ北海道上杉監督「V2の洗礼を受けた」

トピックス

2020-10-25 20:50 追加

V2リーグ男子 10月25日旭川大会の結果 長野GaRons今季初勝利、ヴォレアス北海道は2連勝 サフィルヴァ北海道上杉監督「V2の洗礼を受けた」

V2男子25日旭川の結果

V2/V3 男子

V.LEAGUE DIVISION2(V2)男子は25日、北海道旭川市のリアルター夢りんご体育館において2試合がおこなわれた。2試合とも、前日と同じカードであった。

第1試合、サフィルヴァ北海道-長野GaRonsは、前日の敗戦からデータを分析した長野GaRonsが、前日攻め込まれたMBからの攻撃を封じ、3-0のストレートで勝利した。
第2試合のヴォレアス北海道-ヴィアティン三重は、ヴォレアス北海道が前日から4名のスターティングメンバーを入れ替えて臨み、序盤からサーブで崩しブロックで仕留めるパターンで優勢に試合を進め、3-0のストレートで連勝した。
V2リーグは次週、10/31~11/1茨城県土浦市で開催される(つくばユナイテッドSun GAIAホームゲーム)。富士通カワサキレッドスピリッツと兵庫デルフィーノが今シーズンの初戦を迎える。

25日の結果は以下の通り。

第1試合
長野GaRons 3-0 サフィルヴァ北海道
25-22 25-17 25-21
スターティングメンバー
長野GaRons
1酒井OH 7石坂MB 9高瀬OP 5浅田OH 2鰐川MB 14高井S L3三角(ディグ)/12山田(レセプション)
サフィルヴァ北海道
22柏田MB 14山口OP 6阿部OH 4奥田MB 20佐藤S 17森元OH L2神園(レセプション)/16桝谷(ディグ)

長野GaRons 篠崎寛監督
サフィルヴァは非常に強化されていてレシーブ力があるので昨日はたいへん苦戦しました。今日は、昨日の試合を振り返りながら、自分たちがどのように戦えばよいかを分析して臨んだ試合でした。

サフィルヴァ北海道 上杉徹監督
「V2の洗礼を浴びた」というか、そんなに簡単に勝てるリーグではない、ということを、僕も選手も思い知らされたと思っています。良い勉強になったと思うので、この結果をチーム全員で受け入れた上で、次、更にチーム力を上げられるように、練習していきたいと思います。

第2試合
ヴォレアス北海道 3-0 ヴィアティン三重
25-14 25-19 25-21
スターティングメンバー
ヴォレアス北海道
14張OP 5家近OH 23田城広MB 6本澤S 13佐々木OH 3田城貴MB L10白石
ヴィアティン三重
3野垣S 16安田OH 15茶屋道MB 4石川OP 2中村 8長谷川MB L12大浦坂(レセプション)/10外崎(ディグ)

ヴィアティン三重 亀田吉彦監督
ヴォレアスは昨日の試合からメンバーを変えてくるであろうと予想して、ある程度予想通りのメンバーで来たかなと思いました。サーブとブロックが強いであろうと予想して戦っていました。今日はヴォレアスのサーブに、こちらのディフェンスも頑張ったんですが、立て続けにやられて悔しい内容となってしまいました。2セット終了後のインターバルで打ち合わせして、3セット目からいくつか攻撃のパターンを変えて、対応したのですが、最後はビッグサーブにやられました。

ヴォレアス北海道 エド・クライン監督
3-0で勝てて目標を達成できました。昨日よりもアタックの質が上げられました。昨日とメンバーを変えましたが、ブロック、ディフェンスについては昨日と同じ質を保てました。三重は昨日の試合を元に対策してくると予想しましたので、メンバーは同じにはしませんでした。また、セットの配球を昨日と変えてサイドアタッカーの比率を多めにしたことで、昨日よりも決定率を高くすることが出来ました。
今後残り試合を戦うことを楽しみにしています。

写真・出口季里

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック