全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>サントリーがフルセットでJT広島を下す 陳・熊倉が故障で途中欠場、金子が変則オポジットで奮闘も実らず

トピックス

2020-11-28 00:48 追加

サントリーがフルセットでJT広島を下す 陳・熊倉が故障で途中欠場、金子が変則オポジットで奮闘も実らず

サントリー対JT広島の結果

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISIN1MENは27日、大阪市立中央体育館で試合が行われ、ホームのサントリーサンバーズがJTサンダーズ広島をフルセットで破り、2敗を守った。

JT広島はエドガートーマスを故障で欠き、八子大輔もベンチアウト。オポジットには熊倉允が入ったが、第1セット中にコート内でチームメイトと接触し、流血。脳震盪の様子もありとのことで退場した。また、アウトサイドに入った陳建禎も試合開始後まもなくハムストリングスの痛みを訴え、コートを去り、主将の山本将平が入った。セッター対角にはセッターの金子聖輝が先週と同じく入り、ライトから次々と得点を重ね、サントリーの山村監督に「金子くんの攻撃力にあれほど苦しめられるとは思わなかった」と舌を巻かせた(金子は東福岡高校時代まではアウトサイドヒッターだったが、高校卒業と同時にJTに入団し、セッターに転向)。

サントリーは大砲のドミトリー・ムセルスキーにボールを集めたが、JTのトータルディフェンスがうまく機能し、ムセルスキーが調子を落として2,3セットを連取されると、開幕週に大活躍した栗山雅史を投入。同じく小野遥輝に代わって投入された加藤とともにチームのムードを盛り上げ、第4セットを奪ってフルセットに持ち込み、そのままの勢いで第5セットもとりきった。

金子は久しぶりのスパイカーとしての働きについては「なんちゃってなんで」と謙遜。原監督は「バレーボールはポジションごとにそのプレーしかできないのではいけないと夏場にどのポジションも全てのプレーを練習させた。まさかこんなふうにその経験が生きてくるとは夢にも思いませんでした」と苦笑した。金子はオポジットとしてスタートするが、終盤で後衛に回った際にはセッター深津のところに井上が入り、セッター役もこなした。

また、この試合で深津旭弘が230試合出場を果たし、栄誉賞を受賞した。28日も15時から同じカードで対戦する。

写真:黒羽白

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック