全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>VC長野金星!パナソニックにフルセット勝利 今季初白星をホームで飾る アーマツ監督「睡眠時間を削って昨日の試合から対策を立ててハマった」WD名古屋1位浮上V1男子

トピックス

2020-11-29 19:51 追加

VC長野金星!パナソニックにフルセット勝利 今季初白星をホームで飾る アーマツ監督「睡眠時間を削って昨日の試合から対策を立ててハマった」WD名古屋1位浮上V1男子

V1男子の結果

V1リーグ 男子

勝利の瞬間抱き合って涙を流すVC長野(撮影:縞茉未)

バレーボールV.LEAGUE DIVISIN1MEN は29日、松本市立体育館などで試合が行われ、昨シーズン最下位、今季もこれまで白星に恵まれなかったVC長野が強豪パナソニックにホームの大応援を受けて土をつけた。

パナソニックはクビアクが前日の試合中に腰を痛め、今日はベンチアウト。清水邦広もベンチ入りせず、大竹壱青、渡邉奏吾らがスタートメンバー。

VC長野は前日のストレート負けを夜遅くまで研究し尽くしたアーマツ監督がメンバーを一新。セッターを椿に、笠利や森崎も起用した。第1セットは僅差でパナソニックがとったが第2セットは長野が取り返し、第3セットがパナ、第4セット長野と交互に摂る激しい戦いとなった。第5セット序盤から長野が先行し、そのままの勢いで熱戦をものにした。

地元メディアも今年最後のホームゲームでの初白星、それも金星に大盛りあがり。アーマツ監督は「パナソニックの弱いところを徹底的に分析して、対策を立て、パナソニックはそのとおりに動いて、私達の選手も対策どおりに動いてくれた。選手はみんな頑張ったよ」と胸を張る。勝利の瞬間、長野コートは嗚咽で溢れた。待ち望んだ初白星。これまでもフルセットに持ち込んだことは何度もあった。来週のFC東京戦へ向けて大きなはずみとなったとVOMの戸嵜は言う。ただ、アーマツ監督は冷静に「今日のパナソニックにはクビアクと清水がいなかった。FC東京は誰も欠けていない。全力でぶつかるだけ」。

東レが3-1で堺を破り、6ポイント。クレクがベンチアウトのWD名古屋は大分三好にストレート勝利。ジェイテクトはFC東京にフルセット勝ち。

順位 チーム  勝利数  ポイント
1 WD名古屋   10勝   29p
2 サントリー   10勝   28p
3 パナソニック  9勝   27p
4 ジェイテクト  9勝   23p
5 JT広島     7勝   22p
6 東レ      7勝   20p
7 堺       5勝   16p
8 FC東京     2勝   9p
9 VC長野     1勝   4p
10 大分三好     0勝   2p

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック