全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>上位チームが順当勝ち JT広島が6位浮上 サントリー山村監督「堺のオポジットが予想と違ったが、試合中に修正できた」V1男子

トピックス

2021-03-06 19:53 追加

上位チームが順当勝ち JT広島が6位浮上 サントリー山村監督「堺のオポジットが予想と違ったが、試合中に修正できた」V1男子

V1男子の結果

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1 MENは6日、大阪府堺市日本製鐵体育館などで試合が行われ、首位サントリーが5位堺を、2位パナソニックが10位大分三好を、4位ジェイテクトが9位VC長野を、7位JT広島が8位FC東京を、それぞれストレートで下して勝利した。2位名古屋は6位東レに3-1勝ち。これでJT広島が6位に浮上した。

サントリー対堺は1セット目は競り合い、デュースにもつれ込んだが、第2セット、第3セットと進むにつれてサントリーのペースとなり、第3セットは堺にわずか12点しか与えなかった。サントリー山村監督は、「堺さんのオポジットが、予想していたジョン選手でも千々木選手でもなかったため、第1セットは苦労したが、試合中に修正できた」と胸を張った。
明日も同じカードで対戦が行われる。

順位 チーム   勝利数  ポイント 残り試合数
1 サントリー    25勝   71    残9
2 パナ ソニック  23勝   67    残7
3 WD名古屋    20勝   60    残9
4 ジェイテクト   18勝   51    残9
5 堺        15勝   43    残7
6 JT広島      13勝   41    残7
7 東レ       13勝   36    残10
8 FC東京      8勝   29    残8
9 VC長野      3勝   13    残7
10 大分三好     2勝    9    残7

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック