全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>JT広島・井上航が左足負傷

トピックス

2021-03-14 08:23 追加

JT広島・井上航が左足負傷

JT広島・井上航が左足負傷

V1リーグ 男子

JTサンダーズ広島の井上航は、3月13日のウルフドッグス名古屋との試合中に左足を負傷。車椅子に乗って、救急車で地元の病院に運ばれた。

V1男子・JTサンダーズ広島の井上航が、左足アキレス腱を断裂した。3月13日にウルフドッグス名古屋戦の試合後会見で、原秀治監督が明かした。井上は試合中にレシーブを構えているところ、コート上でバランスを崩して後ろに倒れ、そのまますぐコートから出されていた。

 

すぐに試合会場のある岩国市の病院に救急車で搬送されていた。

 

井上は唐川大志とともに、この日も負傷するまでは、レセプションリベロとしてプレーしていた。また、井上の持ち味である綺麗な姿勢から丁寧で柔らかいオーバーハンドパスを繰り出し、アンダーハンドで楽に取れるボールもオーバーで上げて、セッターを助けていた。また、セカンドセッターとしても、エドガー・トーマスらに柔らかいトスを何本も上げて、スパイカーたちが気持ちよくスパイクを決めていた。

JTサンダーズ広島の井上航は、3月13日のウルフドッグス名古屋トの試合に出場し活躍していた。

奇しくも、先日引退を表明したウルフドッグス名古屋の名リベロ、古賀幸一郎も昨年2月にアキレス腱を断裂した。現役最後の試合出場に向けてリハビリしているところだ。

 

井上の天性のディグ能力と、リーグ最高級のオーバーハンドなどリベロとしての能力は、JT広島だけでなく、日本バレーボール界にとってもかけがえのないもの。これから長く苦しいリハビリ期間が待っている。まだ負傷直後で難しいかもしれないが、前向きであることを願う。

3月13日のウルフドッグス名古屋戦で得点を喜ぶJTサンダーズ広島の井上航。

(取材・写真:大塚淳史)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック