全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>ウルフドッグス名古屋がファイナルステージ進出 小川智大「勝てたけれどミスが多すぎた」V1男子

トピックス

2021-03-21 21:01 追加

ウルフドッグス名古屋がファイナルステージ進出 小川智大「勝てたけれどミスが多すぎた」V1男子

V1男子の結果

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1 MENは21日、愛知県稲沢市エントリオアリーナなどで試合が行われ、3位ウルフドッグス名古屋が2位パナソニックにストレートで勝利し、ジェイテクトがJT広島に敗れたため、ファイナルステージ進出を決めた。WD名古屋のリベロ小川智大は、「勝てたことは良かったけれど、ミスが多すぎた。ファイナルステージに向けて修正したい」と気を引き締めた。

東レがVC長野に、サントリーが大分三好に、堺がFC東京にストレートで勝利。

順位 チーム  勝率  勝利数/試合消化数  
1 サントリー   93.8    30/32
2 パナソニック  79.4    27/34
3 WD名古屋    75     24/32
4 ジェイテクト  68.8     22/32
5 堺       50     17/34
6 東レ      48.4     15/31
7 JT広島     44.1     15/34
8 FC東京     24.2     8/33
9 VC長野     11.8     4/34
10 大分三好    8.8      3/34

写真:縞茉未

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事