全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>石川祐希が優勝したCEVチャレンジカップってどんな大会? そして今後のリーグ5位決定戦との関わりは?

トピックス

2021-03-25 20:38 追加

石川祐希が優勝したCEVチャレンジカップってどんな大会? そして今後のリーグ5位決定戦との関わりは?

CEVチャレンジカップと5位決定戦について

Others

表彰台にて(所属事務所提供)

バレーボール日本代表エース石川祐希が所属するイタリア1部リーグセリエAの中堅クラブミラノは24日、アウェイでの決勝戦をフルセットで制し、見事クラブ史上初のタイトルを獲得した。

ミラノはこれまでもハードスケジュールをこなしてきたが、今後はセリエAの5位決定戦に臨むこととなる。

今回優勝したCEVチャレンジカップの位置づけと、5位決定戦との関係についてご説明したい。CEV(欧州バレーボール連盟)が主催する大会には、「ナショナルチームによる大会」と「クラブチームによる大会」の2 つがあり、「クラブチームによる大会」をヨーロピアン・カップスと呼ぶ。
「ヨーロピアン・カップス」には、レベルの高さの順に、

1. チャンピオンズ・リーグ
2. CEV カップ
3. CEV チャレンジカップ

となる。

出場資格は各国によって異なるが、イタリア男子が出場する資格は、次の通り。これはリーグの成績によって翌年の出場資格が得られる。

1. チャンピオンズ・リーグ:3 クラブ
(1)プレイオフ優勝クラブ
(2)プレイオフ優勝クラブを除いたレギュラーシーズンの最上位クラブ
(3)プレイオフ準優勝クラブ
(4)(2)と(3)が重複した場合は、すでに出場確定している2 クラブを除いたレギュラーシーズンの最上位クラブ

2. CEV カップ:1 クラブ
(1)「コッパ・イタリア」の優勝クラブ(チャンピオンズ・リーグ出場が確定していない場合)
(2)(1)がすでにチャンピオンズ・リーグへの出場が確定している場合は、チャンピオンズ・リーグへの出場を獲得していないクラブの中で、レギュラーシーズンの最上位クラブ

3.CEV チャレンジカップ:1 クラブ
プレイオフ5 位獲得クラブ

となる。

ミラノは準決勝進出が果たせなかったため、5位決定戦に回る。次に述べるスケジュールで5位に決定したクラブが、来季のCEVチャレンジカップ出場となる。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック