全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>サントリーが優勝 2006/7シーズン以来14年ぶり 柳田将洋「僕がもたらしたものが大きいと言われるのは嬉しいし、帰ってきてよかった」V1男子

トピックス

2021-04-04 17:38 追加

サントリーが優勝 2006/7シーズン以来14年ぶり 柳田将洋「僕がもたらしたものが大きいと言われるのは嬉しいし、帰ってきてよかった」V1男子

V1男子の結果

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1MENは4日、千葉県船橋アリーナでファイナルが行われ、サントリーサンバーズが2007年ぶりの優勝を果たした。

パナソニックパンサーズ
清水、深津、渡辺、山内、クビアク、兒玉、リベロ永野

サントリーサンバーズ
小野、大宅、柳田、藤中、ムセルスキー、塩田、リベロ鶴田

第1セット、第2セットともにサントリーが終始リードを保ち連取する。
パナソニックはサーブで崩しても、ムセルスキーの強打でサイドアウトを切られた。

第3セットパナソニックは白澤と仲本を投入。序盤はリードしたものの、ムセルスキーの強打と柳田のサービスエースで逆転。ストレートでパナソニックを破り、優勝を決めた。

勝利者インタビューで柳田将洋は、「僕がもたらしたものが大きいと言われるのは嬉しいですし、僕がこのチームで学んだことも多い。帰ってきてよかった。優勝できてよかった」とコメントした。

写真:坂本清

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック