全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>女子日本代表、強豪・ブラジルに完敗。籾井あき「戦う以前に気持ちが出せていなかった」 VNL2021

トピックス

2021-06-01 00:25 追加

女子日本代表、強豪・ブラジルに完敗。籾井あき「戦う以前に気持ちが出せていなかった」 VNL2021

VNL女子 ブラジル戦の結果

全日本代表 女子

 イタリア・リミニで開催中のバレーボールネーションズリーグは31日、女子第4戦の試合が行われ、日本は強豪・ブラジルと対戦。相手の攻撃を止められず、ストレート(15-25、19-25、21-25)で完敗した。

 スターティングメンバーは、黒後愛、古賀紗理那、島村春世、石川真佑、奥村麻依、籾井あき、リベロ・井上琴絵。

 セッターの籾井あきは、試合後に「戦う以前に自分たちが気持ちを出せずに相手におされていた。サーブレシーブからのコンビの精度が悪く、パスが返っても攻撃が決まらず、パサーに負担がかかっていた。攻撃を1回で切ることが必要だった。明日のイタリア戦は相手以前に自分たちの精度を上げていけるようにしたい。個人的にはコンビの精度を上げ、サーブミスを減らしたい」と話した。

 次戦は日本時間で6月2日午前2時30分からイタリアと対戦する。(テレビ放送は2日16時30分からBS-TBSにて)


写真:火野千鶴

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事