全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>西田有志復帰も男子代表がポーランドに完敗 高梨健太「ポーランドは一つ一つのプレーの精度が高かった」

トピックス

2021-06-17 00:03 追加

西田有志復帰も男子代表がポーランドに完敗 高梨健太「ポーランドは一つ一つのプレーの精度が高かった」

ポーランド戦の結果

全日本代表 男子


バレーボール男子日本代表は16日、イタリアで行われているネーションズリーグで第11戦目をランキング2位のポーランドと対戦し、3-0で完敗を喫した。

お互いにスターティングメンバーにはこれまで控えが多かったメンバーを出して戦ったが、日本はなかなかサーブが入らず、ポーランドに一方的に走られて第1セットを失った。途中今大会初ベンチ入りした西田有志が福澤達哉に代わりリリーフサーバーとして登場。サーブは入らなかったがそのままコートに残り、前衛に上る前に福澤がコートに戻った。

第2セットも同じように福澤の代わりにリリーフサーバーとして起用され、またしてもサーブミス。だがこのセットではスパイクを決めて初得点をあげた。

第2セットからはセッターが大宅真樹でスタート。大竹壱青も投入されたが連取される。第3セットは大塚がアウトサイド、大竹壱青オポジット、山内晶大でスタート。このセットでも西田が投入され初めてサーブが入り、ポーランドのサーブレシーブを崩したが、ブレイクにはつながらず。第3セットもとられてストレートで敗れた。

日本のスターティングメンバーは以下の通り。
福澤、関田、李、高橋健太郎、高梨、大塚、リベロ小川

試合後高梨は「ポーランドの強いサーブに攻められて思うようにプレーができなかったのが敗因」と振り返った。

写真:FIVB

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック