全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>2021 V・サマーリーグ女子西部大会。熊本が白岩蘭奈らの活躍で奮闘。JTは出場辞退

トピックス

2021-07-03 08:43 追加

2021 V・サマーリーグ女子西部大会。熊本が白岩蘭奈らの活躍で奮闘。JTは出場辞退

2021 V・サマーリーグ女子西部大会の結果

V1リーグ 女子 / V2リーグ 女子

2021 V・サマーリーグ女子西部大会がスカイホール豊田(愛知県)にて開幕。

チーム関係者が新型コロナウイルス陽性となったJTマーヴェラスが出場を辞退し、西日本大学選抜を含む10チームが4グループに分かれて予選を戦った。

Pool Bは昨シーズンよりVリーグに復帰したフォレストリーヴズ熊本(V2)がV1の強豪チームと接戦を展開。白岩蘭奈(前回のサマーリーグでフレッシュスター賞を受賞)も攻守両面で貢献し、東レに26 – 28と競り、トヨタ車体には31 –29でセットを奪取。勝利こそならなかったが、新シーズンに向け期待の持てる仕上がりを見せた。

Pool Cは西日本大学選抜がデンソーエアリービーズに金星。大学選抜、姫路、デンソーが1勝1敗の混戦となったが、ポイントでデンソーが上回り僅差の首位通過となった。

各プールの順位は以下の通り。

Pool A 1位 JAぎふリオレーナ 2位 大野石油広島オイラーズ

Pool B 1位 東レアローズ 2位 トヨタ車体クインシーズ   3位 フォレストリーヴズ熊本

Pool C 1位 デンソーエアリービーズ 2位 西日本大学選抜   3位 ヴィクトリーナ姫路

Pool D   1位 久光スプリングス  2位 岡山シーガルズ

大会は7月4日まで同会場にて続く。各プール2位までのチームが優勝を争う順位決定トーナメントに進出し、プール3位のチームは別途順位決定戦を行う。(試合はすべて3セットマッチ)

JTマーヴェラス出場辞退にともない、大会は組み合わせを再編成。初日は大野石油とJAぎふが急遽ダブルヘッダーを行った。
3位チームは Pool B、 Pool Cのみとなったため、熊本と姫路が土日にかけて3連戦を行う。

試合結果の詳細は、2021V・サマーリーグ特設サイトへ。

撮影 堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事