全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>NEC 新外国籍選手としてアメリカ代表のサラ・ウィルハイトが加入

トピックス

2021-07-19 13:55 追加

NEC 新外国籍選手としてアメリカ代表のサラ・ウィルハイトが加入

NEC 新外国籍選手の発表

V1リーグ 女子

 NECレッドロケッツは19日、2021-22シーズンの新外国籍選手としてアメリカ代表のサラ・ウィルハイト選手が加入したことを発表した。
 ウィルハイト選手はアメリカ代表メンバーのアウトサイドヒッターで、東京五輪代表には選出されなかったが、次世代を担うプレイヤーとして大きく評価され、海外経験も豊富な選手。「堅守速攻」をモットーとしているレッドロケッツには必要不可欠なオールラウンドプレイヤーとして大きな期待を寄せているという。

 プロフィールと本人のコメントは以下の通り。

氏名:サラ・ウィルハイト(Sarah Wilhite)
生年月日:1995年7月30日
身長:188cm
ポジション:アウトサイドヒッター
背番号:18
出身国:アメリカ合衆国ミネソタ州

主な経歴:
2016 ミネソタ大学卒業
2017-2018 FVブスト・アルシーツィオ(イタリア)
2018-2019 MTVシュトゥットガルト1843(ドイツ)
2019-2020 セシ・バレーボール・バウル(ブラジル)
2020-2021 ニリューファー・ベレディー・スポル・クルブ(トルコ)

本人コメント:日本の女子バレーボールリーグのすばらしさを聞いていました。この度、NECレッドロケッツに加入できたことが大変光栄だと思っており、リーグ優勝を目指して精一杯頑張っていきたいと思います。NECレッドロケッツ、そして私へのサポートありがとうございます。ファンの皆様に大変感謝しておりますし、いち早く皆さまの前でプレーしたいと思っております!

写真提供:NECレッドロケッツ

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事