全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>日本、バーレーンに3-1で勝利 高橋藍が26得点と躍動「チームをプレーで引っ張っていきたい」アジア選手権

トピックス

2021-09-13 20:56 追加

日本、バーレーンに3-1で勝利 高橋藍が26得点と躍動「チームをプレーで引っ張っていきたい」アジア選手権

バーレーン戦の結果

全日本代表 男子


バレーボール男子日本代表は13日、千葉ポートアリーナで行われているアジア選手権の予選ラウンド第2戦でバーレーンと対戦し、1セット目を落としてから3-1で逆転勝利した。バーレーンにセットを落としたのは対戦史上初。

日本23-25 25-17 25-23 25-16バーレーン

日本のスターティングメンバーは以下の通り。
大竹壱青、山内晶大、高梨健太、福山汰一、高橋藍、大宅真樹、リベロ小川智大

第1セットは僅差でリードしつつ終盤にバーレーンに連続得点で逆転を許し、第1セットを失う。バーレーンはミドルを多用し、粘りのあるバレーを展開。

第2セットはワンサイドで日本が奪い返す。第3セットはまた接戦となるがなんとか逃げ切って日本が連取。李博、宮浦、藤井、小野寺が投入される。

第4セットはリベロも山本を起用。高橋藍が勝負どころでサービスエースやキルブロックで流れを掴む。

高橋藍は「1セット目とられてしまったが、2セット目以降修正してつなげられた。
大事な場面でスパイクを決められたのも自信になりました。石川選手がいない中で、自分自身プレーで引っ張っていきたい。

この大会を開催してくださった関係者の方々、応援に来てくださった方に、有観客でできることの感謝を忘れずに明日以降も戦います。」と胸を張った。

写真:火野千鶴

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事