全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>WD名古屋が東レに競り勝ち 決勝へ 天皇杯準決勝

トピックス

2021-12-18 20:34 追加

WD名古屋が東レに競り勝ち 決勝へ 天皇杯準決勝

WD名古屋対東レの結果

V1リーグ 男子


天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会は準決勝第4試合が群馬県高崎アリーナで行われ、ウルフドッグス名古屋が3-1で東レを破り、決勝へ進んだ。

第1セットは競り合いの末WD名古屋が先取。第2セットは大きくリードを続けて名古屋が連取した。しかし第3セットは逆に東レが序盤からリードを広げ、セットを取り返した。第4セットは1点を取り合う攻防だったが徐々に名古屋がリードを奪い、クレクのサービスエースなどでそのまま逃げ切った。

決勝は明日19日の16時から高崎アリーナで堺と対戦する。

写真:黒羽白

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事