全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>昨年覇者の就実、インターハイ優勝の下北沢成徳などが準決勝に。昨年準優勝の大阪国際滝井は3回戦で敗れる 春高女子3回戦、準々決勝

トピックス

2022-01-08 09:08 追加

昨年覇者の就実、インターハイ優勝の下北沢成徳などが準決勝に。昨年準優勝の大阪国際滝井は3回戦で敗れる 春高女子3回戦、準々決勝

春高女子3回戦、準々決勝の結果

高校バレー 女子

 春の高校バレー(第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会)は7日、東京体育館(東京都)で3回戦と準々決勝が行われた(無観客)。

 3回戦では前回準優勝の大阪国際滝井(大阪)が共栄学園(東京)と対戦。フルセットにもつれこむが第2セット以降、エース・堤亜里菜(3年)らが攻撃力を発揮した共栄学園が接戦をものにした。岡山シーガルズに内定している大阪国際滝井のセッター・濱田真友主将(3年)は、「私たちは身長が高くないので、粘ってラリーで決め切るスタイルだが、第3セット終盤は相手がそれに慣れてきて、リズムが作れなかった。卒業後は、まだVリーグで通用するレベルではないが、ディフェンス力を武器にこの身長でも通用するように頑張りたい」と試合後に語った。リオ五輪代表の宮下遥選手には「ディフェンスやトスワークを学びたい」という。このほか、3回戦では八王子実践(東京)、誠英(山口)などの春高常連校が敗退した。

 続いて行われた準々決勝では、前回優勝校の就実(岡山)が岡崎学園(愛知)と対戦。第2セットを奪われ、第3セットもフルセットにもつれ込んだが、勝ち切って2年連続のセンターコートへと駒を進めた。準決勝では2019年以来の優勝を狙う金蘭会(大阪)と対戦する。インターハイとの2冠を狙う下北沢成徳(東京)は、3回戦、準々決勝ともにストレートで快勝し、3年ぶりのベスト4を決めた。春高常連校同士の対戦となった第1セットを古川学園が奪うも、第2セットでデュースとなり、31-29で共栄学園が取り返してフルセットに。しかし、両エースの1人、扇谷光憂(3年)のケガにより、堤の孤軍奮闘で連戦を戦ってきた共栄学園は最終セットを15-25で失い、春高の舞台を去った。

 堤は「扇谷のケガは試合を盛り上げてくれる存在だったので、とても残念だった。彼女がいない分、私が打ち切らなければという思いで戦ったが、3セット目は(ダブルヘッダーの影響で)ジャンプ力が落ちていた」と試合を振り返った。堤と主将でセッターの永井いづみは同じ大学に進学する。堤は「大学ではエースとして打ち切る力を忘れずに、苦手なブロックも頑張りたい」と意気込んだ。一方、永井は「春高で得た経験を大学でも生かし、将来は日本代表を目標に頑張りたい」と夢を語った。2人の進学先は共栄学園元監督の太田豊彦氏が監督を務める明海大学。2019年に創部したばかりのバレーボール部だが、堤は「大学日本一を目指したい」という。彼女たちの大学での活躍にも注目したい。

 女子準決勝は男子準決勝終了後、第1試合・就実対金蘭会、第2試合・古川学園対下北沢成徳の試合を行う。

【1/7女子3回戦の結果】
就実(岡山)vs熊本信愛女(熊本) 2(25-18,25-19)0
八王子実践(東京)vs三重(三重) 0(18-25,17-25)2
岡崎学園(愛知)vs米沢中央(山形)2(18-25,25-15,25-18)1
都城商 (宮崎)vs金蘭会(大阪) 0(24-26,16-25)2
進徳女(広島)vs下北沢成徳(東京) 0( 15-25,18-25)2
大阪国際滝井(大阪)vs共栄学園(東京)1(25-15,21-25,20-25)2
奈良文化(奈良)vs八女学院(福岡) 0( 20-25,26-28)2
古川学園(宮城)vs誠英(山口) 2(25-18,25-17)0

【1/7女子準々決勝の結果】
就実vs 岡崎学園 2(25-20,18-25,26-24)1
三重vs 金蘭会  0(11-25,25-27)2
八女学院vs下北沢成徳 0(19-25,17-25)2
共栄学園vs古川学園 1(14-25,31-29,15-25)2

【1/8女子準決勝組み合わせ】
就実vs 金蘭会
古川学園vs下北沢成徳

写真:坂本清

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事