全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>1月15、16日のWD名古屋対JT広島戦が中止 WD名古屋にコロナ感染者

トピックス

2022-01-13 14:18 追加

1月15、16日のWD名古屋対JT広島戦が中止 WD名古屋にコロナ感染者

試合中止のお知らせ

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1MENウルフドッグス名古屋(本拠地:愛知県稲沢市)が13日、チーム所属の選手3名が新型コロナウイルスに感染し、15,16日に行われる予定だったJTサンダーズ広島戦の中止を発表した。

チームによると、ウルフドッグス名古屋所属の選手1名が体調不良となり、1月12 日(水)に PCR 検査の陽性判定となった。これを受けて全選手・チームスタッフの PCR 検査を実施した結果、本日新たに2名の選手が新型コロナウィルス感染症の陽性判定が確認されたとのこと。
現在、陽性判定者3名については、保健所の指示に基づき自宅待機の措置を講じている。その他の選手およびチームスタッフについては PCR 検査にて陰性判定となったが、チーム自主判断により自宅待機としている。

※15,16日以降の試合および代替試合の開催可否については、決定次第ウルフドッグス名古屋公式サイトおよび公式 SNS にて告知の予定。
※当該中止試合のチケットについては払い戻しを行うので、別途案内があるまで大切に保管ください。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事