全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>PFU 有田妃奈乃、村上華澄、合屋咲希、甲斐由美夏、和才奈々美の5選手が勇退

トピックス

2022-04-27 18:14 追加

PFU 有田妃奈乃、村上華澄、合屋咲希、甲斐由美夏、和才奈々美の5選手が勇退

PFU 勇退選手の発表

V1リーグ 女子

 バレーボールV1女子のPFUブルーキャッツは27日、有田妃奈乃、村上華澄、合屋咲希、甲斐由美夏、和才奈々美の5選手が勇退することを発表した。有田選手、村上選手、和才選手は4月30日に開幕する黒鷲旗をもって現役を引退する。

 有田選手は2017年、兵庫大附須磨ノ浦高から同チームに入団。ミドルブロッカーとして活躍した。

 村上選手は2015年、福岡大から入団。高さのあるミドルブロッカーとしてチームを支えた。

 合屋選手は2019年に入団。東九州龍谷高で春高バレー準優勝、アンダーカテゴリー代表などを経験した実績を活かし、アウトサイドヒッターとしてチームに貢献した。

 甲斐選手は2021年、都城商高からセッターとして入団。残念ながらVリーグの試合出場機会はなかったが、「PFUブルーキャッツに入団して、色々なことを実感し学ぶことができ、感謝しています」とコメントしている。

 和才選手は2019年にKUROBEアクアフェアリーズから移籍加入。正確なサーブレシーブなど、高い守備力でチームを支えた。

 5選手からのメッセージは、チーム公式サイトに掲載されている。

写真:©PFU Limited 2022、堀江丈 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事