全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>日本代表(元JT)の柴田真果、自身の誕生日にフランスリーグ「ヴァンドゥーヴル ナンシー バレーボール」入団を発表

トピックス

2022-06-07 18:00 追加

日本代表(元JT)の柴田真果、自身の誕生日にフランスリーグ「ヴァンドゥーヴル ナンシー バレーボール」入団を発表

代表セッターの柴田真果がフランスリーグへ

Others / V1リーグ 女子 / 全日本代表 女子

 バレーボールV1女子のJTマーヴェラスを2021-22シーズンをもって退団したセッターの柴田真果が自身の28歳の誕生日である6月7日、SNSにてフランスリーグAのvandoeuvre nancy volleyball(ヴァンドゥーヴル ナンシー バレーボール)でプレーすることが決まったことを発表した。

 本人のInstagramアカウントには、「大学(日本体育大)時代にアメリカ遠征を経験したり、JTに入団してアニー(アンドレア・ドルーズ)と出会ったことで、いろいろなバレーに触れてみたいと考えるようになり、数年前から海外でプレーしてみたいという気持ちが生まれてきました。」と綴られており、「海外に行くことに満足するのではなく、プロとしてチームと一緒に成長しながら、結果を残したいと思っています。」と目標もコメントしている。

 柴田は今年度の日本代表に登録され、現在開催中のネーションズリーグ(VNL)登録メンバー25人にも選ばれているが、第1・2週の遠征メンバー(17人)からは外れており、第3週以降にメンバー入りがあるのかも注目される。


写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事