全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>久光がホームの佐賀で優勝報告会。大竹里歩主将「挑戦する気持ちを忘れず、チーム全員で成長していきたい」

トピックス

2022-06-13 14:20 追加

久光がホームの佐賀で優勝報告会。大竹里歩主将「挑戦する気持ちを忘れず、チーム全員で成長していきたい」

久光 優勝報告会

V1リーグ 女子

 バレーボールV1女子の久光スプリングスは12日、ホームの佐賀県佐賀市で優勝報告会を行った。

 はじめに酒井新悟監督と2021-22シーズンの主将・戸江真奈選手から優勝報告があり、戸江選手は「共有するというテーマでチームを作ってきました。小さなことでも話し合いを重ねて最終的には優勝につなげられ、良かったです。最後はタフな試合が続き、ファンの皆さまにはハラハラさせてしまったと思いますが、苦しいときに皆さまの応援がパワーとなり、優勝することができて嬉しく思います」と話した。
 
 その後、選手たちは会場に駆けつけたファンと質問コーナー、抽選会、ジャンケン大会などを楽しんだ。

 最後に2022-23シーズンの主将を務める大竹里歩選手からも挨拶があり、「昨シーズンは、皇后杯優勝、Vリーグ優勝という二冠を達成しました。今シーズンは連覇という目標もありますが、挑戦する気持ちを忘れず、チーム全員で成長していきたいと思います」と来シーズンに向けての意気込みを語った。


写真提供:SAGA久光スプリングス株式会社

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事