全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男子代表・石川祐希主将が左足首を捻挫。VNLファイナルラウンドは13人で出場

トピックス

2022-07-20 18:48 追加

男子代表・石川祐希主将が左足首を捻挫。VNLファイナルラウンドは13人で出場

VNL男子ファイナルラウンド出場選手13人

全日本代表 男子

 公益財団法人日本バレーボール協会は20日、20日からイタリア・ボローニャで開催されるネーションズリーグ(VNL)男子大会ファイナルラウンド出場選手を発表した。

 石川祐希主将が18日の練習中に左足首を捻挫し、欠場。選手の入れ替えは行わず、ファイナルラウンドは予選ラウンド大阪大会に出場した13人で戦うことが決まった。石川選手は帰国後に精密検査を受ける予定。

 出場選手13人は、以下の通り。なお、主将は石川選手に代わって山内晶大選手が務める。

1 西田有志 OP
2 小野寺太志 MB
5 大塚達宣 OH
6 山内晶大 MB ※主将
7 高梨健太 OH
8 関田誠大 S
9 大宅真樹 S
10 髙橋健太郎 MB
12 髙橋 藍 OH
13 小川 智大 L
16 宮浦健人 OP
20 山本智大 L
26 村山豪 MB

 男子日本代表チームとしては初めての同大会ファイナルラウンド進出となり、準々決勝は現地時間21日18時(日本時間22日午前1時)からフランスと対戦する。


写真:黒羽白、火野千鶴

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事