全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>サーブで攻めたアランマーレが開幕4連勝。仙台はジュニアチームの前でホーム2連勝。佐藤あり紗監督兼選手「私自身の励みにもなる」。GSS東京・色摩知巳が230試合達成 V2女子

トピックス

2022-11-14 12:51 追加

サーブで攻めたアランマーレが開幕4連勝。仙台はジュニアチームの前でホーム2連勝。佐藤あり紗監督兼選手「私自身の励みにもなる」。GSS東京・色摩知巳が230試合達成 V2女子

V2女子の結果

V2リーグ 女子

2022-23 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN(V2女子)は11月13日に本山製作所青葉アリーナ(宮城県)で計2試合を開催した。

第1試合はリガーレ仙台対GSS東京サンビームズ。

前日に悲願のホーム初勝利をあげた仙台は、その勢いのままGSS東京を圧倒。セッター加藤優奈のサーブなどで試合のイニシアティブを握ると、清和真奈美、江川優貴、柳下夏苗ら途中出場の選手も活躍して3-0でストレート勝利を収めた。

GSS東京は得点源のミドルブロッカー張心穆意が欠場。しかし、フロントでの攻撃にも参加した森田英莉、ミドルブロッカー山本紗貴らの健闘が光り、今後の底上げにつながる試合になった。

この試合で色摩知巳監督兼選手がVリーグ栄誉賞に該当する230試合出場を達成。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事