全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>Vリーグ機構と東リが共同開発の「コネクトマット」をリサイクル利用

トピックス

2022-11-17 15:47 追加

Vリーグ機構と東リが共同開発の「コネクトマット」をリサイクル利用

Vリーグで使用の競技専用フロアマットをリサイクル

Others / V1リーグ 女子

 一般社団法人日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構、代表理事会長:國分裕之)は、昨年、東リ株式会社(本社:兵庫県伊丹市 代表取締役社長:永嶋元博)とバレーボール競技専用のフロアマット「コネクトマット」を共同開発し、2021-22 V.LEAGUEのいくつかの試合で採用した。同機構は17日、その使用済みのコネクトマットを回収し、リサイクル利用することを発表した。

 昨シーズン、V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1女子) のデンソーエアリービーズと岡山シーガルズが試合で使用したコネクトマットを回収し、リサイクル処理工場で破砕処理を行った後に、東リが製造するビニル床タイルのバッキングとして再生利用する。Vリーグは、バレーボールの競技発展に貢献するとともに、今後もサステナブルな取り組みを推進していきたいとしている。


写真提供:©V.LEAGUE

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事