全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>パナソニック 元中国男子代表の耿鑫 (ガンシン)が入団 V1男子

トピックス

2022-11-24 18:13 追加

パナソニック 元中国男子代表の耿鑫 (ガンシン)が入団 V1男子

パナソニック 新外国人選手(アジア枠)の発表

V1リーグ 男子

 バレーボールV1男子のパナソニックパンサーズは24日、2022‐23シーズンのVリーグ、天皇杯に向けた新たな戦力として、元中国代表の耿鑫(ガンシン)選手の加入が決定したことを発表した。同選手は長年中国代表のミドルブロッカーとして活躍した選手で、高さを活かした攻撃やブロックが持ち味。12月よりチームに帯同して天皇杯、Vリーグに出場する予定となっている。

 同選手のプロフィールは、以下の通り。

名 前 :耿鑫(ガンシン)

背番号 :26番
ポジション :ミドルブロッカー
身長・体重:210㎝・95㎏
生年月日 : 1989年11月15日
出 身 :中国 山東省

クラブチーム経歴:
2006-2021年 山東省バレーボールチーム
2021-2022年 天津バレーボールチーム(レンタル移籍)

ナショナルチーム経歴:
2011年 ワールドカップ 11位
2012年 アジアカップ 優勝 (ベストミドル賞 受賞)、ロンドンオリンピック世界最終予選 5位
2013年 アジア選手権 3位
2014年 世界選手権 15位
2016年 リオデジャネイロ オリンピック世界最終予選 6位
2020年 東京オリンピック アジア最終予選 出場

コメント: この度パナソニック パンサーズに入団することになり非常に嬉しく思います。
初めての海外挑戦で、チームの勝利に役立つ戦力として頑張りたいと思います。 ご声援よろしくお願い致します。

写真提供:パナソニックパンサーズ

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事