全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>Aグループの1・2位対決はデンソーがフルセット勝利。JTがBグループ2位でファイナルへ。岡山のBグループ首位確定 V1女子V Cup

トピックス

2024-03-31 03:29 追加

Aグループの1・2位対決はデンソーがフルセット勝利。JTがBグループ2位でファイナルへ。岡山のBグループ首位確定 V1女子V Cup

V1女子 V Cupの結果

V1リーグ 女子

 バレーボールV1女子所属の12チームで戦うV Cupは30日、レギュラーラウンドの試合を西尾市総合体育館(愛知県)、四日市市総合体育館(三重県)、山陽ふれあい公園総合体育館(岡山県)の3会場で行った。

 この大会はA・Bの2グループで予選ラウンドを行い、各グループの上位2チームが4月6・7日に東京で開催されるファイナルラウンドに進出する。先週までにAグループはデンソー、日立Astemo、Bグループは岡山のファイナルラウンド進出が決定しており、最後の1チームがどこになるのかが注目されていたが、30日の試合により、JTに決定した。

 愛知ではAグループの2試合が行われた。ともにファイナルラウンド進出を決めているデンソーと日立Astemoは全勝同士の対戦となった。どちらも譲らぬ戦いとなり、第4セットまで全セット両チームとも20点以上を得点。フルセットにもつれ込むが、第5セットはホームのデンソーがロザマリアのアタック、麻野七奈未のブロック、山口結可のサービスエースなどで流れを掴み、15-8で奪取して勝利した。ロザマリアが30得点(内、ブロック4、サーブ2)と大車輪の活躍を見せたが、内定選手の石倉沙姫も17得点(内、ブロック3)と勝利に貢献した。日立Astemoは今大会初黒星。同じ会場で行われたPFU対KUROBEの北陸対決は、PFUがストレートで勝利し、2勝2敗とした。


 Bグループは三重と岡山の2会場で試合を行った。三重ではホームのトヨタ車体とJTが対戦。JTがストレート勝利で4勝1敗とし、ファイナルラウンド進出を決めた。岡山ではホームの岡山が久光をストレートで下し、5勝目。レギュラーラウンド全勝でBグループ首位が確定した。

 31日はレギュラーラウンド最終日となり、愛知と三重で各1試合が行われる。

【30日の試合結果】
■Aグループ
デンソー(4勝0敗) 3-2 日立Astemo(4勝1敗)
PFU(2勝2敗) 3-0 KUROBE(1勝4敗)
■Bグループ
トヨタ車体(2勝2敗) 0-3 JT(4勝1敗)
岡山(5勝0敗) 3-0 久光(2勝3敗)

【31日の試合】
■Aグループ
デンソー 対 PFU
■Bグループ
トヨタ車体 対 アランマーレ


写真:堀江丈

 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事