全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>筑波大が大学勢では唯一全勝で準々決勝へ。金蘭会高がPFUにフルセットで競り勝つ 第72回黒鷲旗女子

トピックス

2024-05-04 07:00 追加

筑波大が大学勢では唯一全勝で準々決勝へ。金蘭会高がPFUにフルセットで競り勝つ 第72回黒鷲旗女子

黒鷲旗大会3日目の結果

Others / V1リーグ 女子 / 大学バレー 女子 / 高校バレー 女子

 第72回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会は3日、Asueアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で男女のグループ戦最終日各8試合が行われた。

 女子はV1の久光と東レを破った筑波大が下北沢成徳高と対戦。フルセットにもつれ込むが3-2で勝ち切り、グループ戦全勝で準々決勝に駒を進めた。また、JTと日立Astemoも同じく全勝で準々決勝へ進出した。

 ここまで勝ち星のなかった金蘭会高はPFUと対戦し、フルセットで勝利。グループ戦で敗退したものの、昨年優勝チームを倒す快挙となった。昨年優勝のPFUもグループ戦で姿を消した。このほか岡山、久光、KUROBE、デンソー、トヨタ車体が準々決勝に進出した。

 4日に同じ会場で行われる準々決勝の組み合わせは、以下の通り。

JT ✕ 久光
KUROBE ✕ デンソー
日立Astemo ✕ トヨタ車体
岡山 ✕ 筑波大


写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事