全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男子日本代表、キューバに逆転勝利! フルセットの激闘を制し、開幕3連勝 VNL

トピックス

2024-05-25 05:22 追加

男子日本代表、キューバに逆転勝利! フルセットの激闘を制し、開幕3連勝 VNL

VNL男子 キューバ戦の結果

全日本代表 男子

バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024男子大会は日本時間の25日、ブラジルのリオデジャネイロで予選ラウンド第3戦の試合を行い、男子日本代表はキューバと対戦。フルセットの末、逆転勝利した。

ネーションズリーグを見るならU-NEXTで!見逃し配信も

日本チームのスターティングメンバーは、小野寺太志、深津旭弘、宮浦健人、高梨健太、髙橋健太郎、富田将馬、リベロ・山本智大。深津、宮浦、高梨、髙橋は今大会初スタメン。高梨は初出場。

日本 3(18-25、25-22、25-23、19-25、22-20)2 キューバ

第1セット序盤は宮浦、富田らの活躍で10-10と競った展開になるが、中盤以降キューバのサーブに崩されてリードされ12-16。終盤はロペスの2本のサービスエースを含むサーブブレイクで4連続得点で点差をつけられ、17-24とセットポイントを握られる。小野寺がクイックを決めるも、最後はベテランのシモンに決められ、18-25でセットを落とす。

第2セット、深津のブロックで4-2。富田の攻撃、サービスエース、髙橋のブロックなどで12-6と日本がリード。しかし、この後キューバに4連続得点され、1点差に迫られる。小野寺のブロックなどで14-11とするも再びキューバの4連続得点で15-15の同点に。競り合う展開となるも2枚替えで入った西田の3連続サービスエースなどで日本が抜け出し、25-22でセットを取り返した。

第3セット、前のセットで高梨と交代していた大塚達宣を入れてスタート。ヤントらの活躍でキューバがリードし、5-10とされたところで日本はセッターを関田誠大に交代する。その後、大塚、宮浦、富田らの活躍で徐々に点差を縮め、18-17と逆転する。終盤は小野寺、髙橋のミドルの攻撃やブロックが決まり、21-18。最後は宮浦が決めて25-23でセットを連取した。

第4セットはスタートから関田を起用。立ち上がりからキューバのリードで進み、8-9と1点差まで詰め寄るも、キューバはマッソらの活躍で連続得点し、8-14と引き離される。その後、日本のコンビミスが出て13-19の場面で日本がタイムアウト。西田の連続サービスエースで18-22と追い上げるも、ロペスの活躍でキューバがセットポイント。最後は日本のサーブミスで19-25でセットを落とし、フルセットに突入する。

最終セット、西田と甲斐優斗をスタートから起用。西田、大塚らの活躍で日本リードで進むも逆転される。西田がサーブで崩し、11-11と同点に追いつくも、シモンに連続得点され、11-14とマッチポイントを握られる。しかし、相手のサーブミスにも助けられ、小野寺のブロックでデュースに。デュースが繰り返され、最後は西田がバックアタックを決めて22-20でゲームセット。日本が逆転で大激闘を制した。

最多得点は富田の13得点(内ブロック2、サーブ1)だった。次いで宮浦の12得点(すべてスパイクポイント)。西田は11得点中、サービスエースが5本で、途中出場ながらセット終盤にサーブでチームを救った。

次戦はブラジルラウンド最終戦となり、日本時間午前2時からイタリアと対戦する。


写真:FIVB

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事