全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>最後の夏を制したのはPFUブルーキャッツ。東部大会4連覇を成し遂げる。43年間続いたサマーリーグが閉幕

トピックス

2024-07-08 07:16 追加

最後の夏を制したのはPFUブルーキャッツ。東部大会4連覇を成し遂げる。43年間続いたサマーリーグが閉幕

サマーリーグ東部大会の最終結果

Others / V1リーグ 女子 / V2/V3 女子

7月7日、V・サマーリーグ東部大会3日目(最終日)がとり野菜みそ BLUECATS AREN(石川県かほく市)で開催された。

決勝戦はPFUブルーキャッツと群馬グリーンウイングスが対戦。
セットカウント2-0(3セットマッチ)でPFUブルーキャッツが勝利し、大会4連覇を成し遂げた。

この試合を最後にサマーリーグは43年の歴史に幕を下ろす。バレーボーラーたちの最後の夏が終わった。

東部大会は全13チームが参加。初日、2日目が予選グループ戦で最終日はその結果をもとに、トーナメント形式で順位決定戦を行なった。

Pool A首位、無敗で予選を終えた東日本大学選抜はPoolB首位の群馬と対戦。ここで大学選抜は大会初黒星を喫し、最終順位は3位となった。

優勝決定戦には絡めなかったが、特筆すべきチームがある。4位となったリガーレ仙台(昨季V2)の奮闘に賛辞を贈りたい。
仙台は監督不在などの苦境を抱えながら、この大会に向けて選手たちで練習を組み立て、結果を残した。
4位決定戦では強豪NECレッドロケッツに勝利。活躍が光ったアウトサイドヒッター鈴木音はフレッシュスター賞を獲得した。

■最終順位
優勝 PFUブルーキャッツ

準優勝 群馬グリーンウイングス

3位 東日本大学選抜
4位 リガーレ仙台
5位 NECレッドロケッツ
6位 ブレス浜松
7位 プレステージ・インターナショナルアランマーレ
8位 JAぎふリオレーナ
9位 KUROBEアクアフェアリーズ
10位 埼玉上尾メディックス
11位 日立Astemoリヴァーレ
12位 ルートインホテルズブリリアントアリーズ
13位 東京サンビームズ
*チーム名はこの大会までを旧名称とする

■個人賞
最優秀選手賞 大村季色(PFU)

敢闘賞 目黒愛梨(群馬)

フレッシュスター賞 舩田璃々香(PFU)
フレッシュスター賞 鈴木音(仙台)

取材・撮影 堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事