全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>「レシーブでもスパイクでも前向きに強い気持ちで」セルジオ&ルカレリ

インタビュー

2016-02-24 18:51 追加

「レシーブでもスパイクでも前向きに強い気持ちで」セルジオ&ルカレリ

ブラジル代表セルジオとルカレリのインタビュー

Others

2015年、ブラジル代表に復帰したリベロ、セルジオ・サントス40歳。ブラジルバレーボール界の年間最優秀選手にも選ばれ、以前と変わらぬ存在感、安定感を見せた。そして最年少ながらエースとして打ちまくるリカルド・ルカレリ・ソウザ24歳。この二人で五輪の金メダル奪回なるか!?

アテネ五輪で金メダルをとってから12年。当時のメンバーが次々と引退していく中で今も変わらぬ熱いプレーで観客をひきつけるリベロ、セルジオ・サントス。

SESI体育館の入り口で。

SESI体育館の入り口で。

■再び世界へ
ーー昨年はセレソン(ブラジル代表)に復帰。どんな1年でしたか。
セルジオ 選手として常にベストの状態でいることはセレソン、クラブチームにかかわらずいつも心がけています。昨年、代表に呼ばれたことは少し驚きもありましたが、呼ばれたからには責任を果たさなくてはいけません。1年を通して納得のいくプレーができたと思います。満足しています

ーー2012年のロンドン五輪後、大きく変わったと感じたことはありましたか。
セルジオ ゲームの内容、質があがったと思います。1本で決まっていたのが、決まりにくくなったり、これはブラジルが悪くなったという意味ではありません。あと他の国の以前は荒かった部分がレベルが上がっていました。テレビでも観戦していましたが、実際、ボールを受けてより感じるものがありました。

ーーどの国が一番レベルが上がったと感じましたか。
セルジオ どことひとつにしぼるのは難しいです。例えば、Wリーグのセルビア。正直言ってファイナルであそこまでいくとは思いませんでした。でもそのセルビアもヨーロッパ選手権では同じような力が出せず、五輪予選でも出場を逃しました。セルビアの浮き沈みというより、どの国も差が縮まっている。勝敗を分けるのが本当にわずかなミスだったり、1本のブロックだったりと、かつて常勝のロシア、イタリアという国でも今は食うか食われるかです。

ーーブラジルチームの変化はありましたか。
セルジオ 練習がきつくなりました。これは僕が年をとったからではないですよ。

ーー長年、一緒に戦ったOPアンデルソン・ロドリゲスはコーチとして戻りました。
セルジオ 彼は本当にひとつひとつ丁寧にやっています。練習にしてもデータの分析にしても。きつい練習をあいつはやる側、こっちは受ける側、ずるいですね。コーチと選手、立場は違っても、とても信頼できる仲間がいて心強いです。

体育館の通路にある五輪メダリストのパネル

体育館の通路にある五輪メダリストのパネル

■二人のリベロ
ーーロンドン五輪後、チームを14人にする大会が増え、国際試合でもスーパーリーグでもチームにリベロが二人になりました。長年、一人で戦ってきたわけですが、どう思われますか。
セルジオ リベロの控えと言っても、ベンチにいるのと会場の片隅で試合を見るのとでは全然違います。責任も増え、向上心につながると思います。自分としては試合の流れやリズムがとても大切なので、サーブレシーブとその他に分け交代で入るようなやり方は慣れないかもしれません。でもこれはレギュラーに固執するわけではなく、あくまで自分の技術、精神力が伴わないといけないということは常に理解し、そのために努力しています。

ーー相手チームのリベロが変わると、戦術を変えることもあるのですか。
セルジオ 特にないと思います。ただ交代して入ったリベロがまだ経験が浅いような時は、レシーブ専門のポジションですが、あえてサーブで狙ってプレッシャーをかけるということはあります。

■スーパーリーグで王座奪回を
ーーセージ-サンパウロ(SESI-SP)のチームでサーブレシーブに入る時に、昨シーズンはルカレリ・デ・ソウザと今年はドウグラス・ソウザと若手を代表する二人と組んでいますが、色々アドバイスしているんですか。
セルジオ 黙って見守るより、いつもあれこれ言ってます。うるさいくらいに。でも二人ともとてもいい選手です。受け身に弱気にならないように、もっと気持ちで押していくことを忘れないでほしいです。あと、ここは俺に任せろ、というような分担も必要ですね。でもそれはスパイクの後のフォローの仕方、2段トスにしても、チーム全体の連携です。

ーー若い二人にとっては相手のサーブよりセルジオとムリロ・エンドレスにはさまれている方がプレッシャーがかかりそうですが。
セルジオ 僕よりムリロみたいにいつも落ち着いて黙っている方が怖いんじゃないですか? でもコートで年は関係ないですよ。

ーー今年はなんとしてもスーパーリーグの王座奪回ですね。
セルジオ みんなそのつもりです。12月にサダ・クルゼイロ(Sada Cruzeiro)にホームで勝って、続いてブラジルカップ(スーパーリーグの前半上位10チームで争う大会)では負けました。うちのチームも調子はいいと思います。中番けが人がでましたが、2月に入りコートに戻ってきたので、ここから最後まで乗り切りたいです。

ーー現在、日本から荻野さんが研修にきていますが、どうですか。
セルジオ こんな形で会えるとはびっくりで嬉しかったです。彼はすごくすごくまじめで、勉強家ですね。いつもビデオ撮って、ノートに書き込んで学者みたいですよ。観光で来ている訳ではないけれど、バレー以外でもブラジルのいいところをあれこれ見てほしいです。強盗とか汚職とかじゃなくていいところをね。

2015年の南米選手権で最優秀選手に選ばれた。撮影Alexandre Arruda/CBV

2015年の南米選手権で最優秀選手に選ばれた。撮影Alexandre Arruda/CBV

■リオ五輪へ
ーースーパーリーグが終わると五輪までもうすぐです。
セルジオ そうですね。各国の差が縮まっていると先程も言いましたが、今回の五輪が今まで自分が出た大会より、最も金メダル、そしてどの色のメダルも厳しい戦いになりそうです。

ーー日本のファンの方へメッセージをお願いします。五輪を観戦にリオに来る方もいると思いますが、ご自身のお気に入りの場所などありますか。
セルジオ 昨年はW杯で日本に行くことができず本当に残念でした。日系人、日本人のみなさんにあたたかく迎えて下さったことをいつも思い出しています。メッセージもたくさんいただいて励みになっています。リオはどこも危ないですよ。日本みたいに安全じゃないから気をつけて下さい。危ないですが、リオはやっぱりビーチがいいですね。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック