全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>ゲームレポート>日本、韓国に3-1で敗れる

ゲームレポート

2016-05-18 00:00 追加

日本、韓国に3-1で敗れる

世界最終予選の結果

全日本代表 女子

「午後8時半の女」こと石井優希。途中出場でもしっかり仕事を果たしたが勝ちきれず

「午後8時半の女」こと石井優希。途中出場でもしっかり仕事を果たしたが勝ちきれず/FIVB

全日本女子チームは17日、東京体育館で世界最終予選を韓国と戦い、26-28、17-25、25-17、19-25で敗れ、2勝1敗となった。

総力戦で戦った。1、2セット目は木村、古賀の調子が上がらず、長岡頼みになる場面が多かった。3セット目には石井、鍋谷、迫田、丸山を投入、石井が躍動してなんとかセットを奪い返したが反撃もここまで。日本はキムヒジンのサーブに崩され、受け身になる展開が多かった。

その他の試合は、ペルー3-1カザフスタン、イタリア3-0ドミニカ、オランダ3-0タイ

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック