全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>春高、3連覇狙う東福岡や昨年度準優勝の鎮西敗れる 慶應義塾(初)が2回戦突破 女子は下北沢成徳、金蘭会などが順当勝ち

トピックス

2017-01-05 21:28 追加

春高、3連覇狙う東福岡や昨年度準優勝の鎮西敗れる 慶應義塾(初)が2回戦突破 女子は下北沢成徳、金蘭会などが順当勝ち

春高バレーの結果

高校バレー 女子 / 高校バレー 男子

春の高校バレー第69回全日本バレーボール高等学校選手権大会の2日目が東京体育館で行われ、男子は大会3連覇を狙う東福岡が一関修紅(岩手)に1-2で敗れ、前回準優勝の鎮西(熊本)も習志野(千葉)に0-2で敗れた。インターハイ覇者の駿台(東京)や準優勝の清風(大阪)、大村工業(長崎)、初出場の慶應義塾などは勝ち残った。

女子は下北沢成徳(東京)、金蘭会(大阪)、八王子実践(東京)らが順当勝ち。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック