全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>春高、駿台初制覇、3冠達成。女子は下北沢成徳が連覇

トピックス

2017-01-08 19:59 追加

春高、駿台初制覇、3冠達成。女子は下北沢成徳が連覇

春高バレーの結果

高校バレー 女子 / 高校バレー 男子

春の高校バレー、第69回全日本高校選手権最終日が8日、東京体育館で行われた。男子は史上初の東京対決で、駿台学園(東京)は3-1で東亜学園(東京)を下した。初優勝の駿台学園は、インターハイ、国体と併せた3冠達成。女子は下北沢成徳(東京)が就実(岡山)をストレートで退け、大山加奈、木村沙織時代以来の2連覇を達成した。

最優秀選手賞は、男子は駿台学園の坂下純也(3年)、女子は2年連続で下北沢成徳の黒後(くろご)愛(3年)が選ばれた。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック