全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ファイナル6最後の一枠を争う堺、JT、ともに勝利し、最終日に持ち越し サントリー4位確定

トピックス

2017-02-04 21:36 追加

ファイナル6最後の一枠を争う堺、JT、ともに勝利し、最終日に持ち越し サントリー4位確定

V・プレミアリーグ男子の結果

V・プレミアリーグ 男子

V・プレミアリーグ男子は4日、ジェイテクトアリーナなどで試合が行われ、ファイナル6の最後の一枠をかけて争っている堺(6位)がFC東京にフルセットで、JTが2位東レにストレートでそれぞれ勝利し、決着は5日の最終日まで待たれることになった。

首位パナソニックは3位合成にフルセットで敗れたが、ポイント1を獲得し、合成に1ポイント差で首位を保った。

マッチポイントをサービスエースで奪った合成高松卓矢選手は「パナソニックさんは清水さんが抜けているのに、それを全く感じさせない組織力でした」と激闘を振り返った。

厳しい状況の中でファイナル6進出へ望みをつないだJT深津旭弘選手は「(今季を最後にビーチバレーに転向する越川優選手について聞かれ)こんなにも素晴らしい選手を、少しでも長くプレーを続けてもらいたいという思いは、チーム全体が持っている。明日も勝ちます!」と力強く宣言した。サントリーはジェイテクトにストレートで勝利し、4位が確定した。

順位  ポイント
1位 パナソニック 42
2位 合成 41
3位 東レ 41
4位 サントリー 36
5位 ジェイテクト 29
6位 堺 24
7位 JT 22
8位 FC東京 5

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事