全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>パナソニック、冨士本大生が引退

トピックス

2017-04-25 17:19 追加

パナソニック、冨士本大生が引退

引退選手のお知らせ

V・プレミアリーグ 男子

パナソニックパンサーズは24日、サイドアタッカーの冨士本大生(背番号4番)が第66回 黒鷲旗 全日本男女選抜バレーボール大会をもって引退することを発表した。

本人コメント
この度、第66回黒鷲旗全日本バレーボール大会をもちまして引退をすることとなりました。2年間という短いパンサーズでのプレー期間でしたが、様々な経験を積ませていただいたと思っています。スタッフに恵まれ、チームのメンバーに恵まれ、そしてたくさんのファンの方々に恵まれたこのパンサーズというチームが大好きです。そしてこのチームでプレー出来たことは本当に誇りに思います。

今後は社業に専念することとなり、土俵は違いますが、14年間で培ってきたバレーボール人生での正念をぶつけていきたいと思います。どんな環境になったとしても、自分らしさを忘れることなく、日々成長をしていけるように努力してまいります。

最後に、ファンの皆様、バレーボールを通してここまで大きくしてくれた恩師の皆様、いつもあたたかい目で応援をしてくださっている職場の皆様、この場をお借りして御礼申し上げます。

そしてパンサーズのスタッフや、チームメイトの皆様には本当に感謝しています。ありがとうございました。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック