全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>佐藤美弥(日立)「中田監督からいろいろなお話を聞き、これまで経験したことのないバレーの世界観を知ることができたら」後編

インタビュー

2017-05-30 17:30 追加

佐藤美弥(日立)「中田監督からいろいろなお話を聞き、これまで経験したことのないバレーの世界観を知ることができたら」後編

インタビュー

V・プレミアリーグ 女子 / 全日本代表 女子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA日立リヴァーレの佐藤美弥選手。後編は同期の佐藤あり紗選手との絆、セッター歴や他チームの選手との交友関係、そして、全日本に向けての意気込みなどを語ってもらった。

メグさんが教えてくれたこと

 

――高校時代(聖霊女短大付高)のお話が少し出ましたが、高いトスを上げていた時代というのは江畑幸子選手(PFU)を中心としたバレーだったのでしょうか?

佐藤:はい、そうでした!

 

――その後、日立でも一緒にプレーした時代がありましたが、現在も江畑選手とは交流がありますか?

佐藤:昨年の全日本の合宿で本当に久しぶりにバレーを一緒にしました。プライベートでは、誕生日などに連絡をくれますね(笑)

 

――日立に入社した時、大卒の同期は佐藤あり紗選手だけですか?

佐藤:はい、そうです。

 

――V・プレミアの試合を観ていると、お互いにアイコンタクトをする場面があったりしますが、付き合いが長いから、何も言わなくても通じる部分があるのでしょうか?

佐藤:そうですね。悩んだ時とか、自分の弱い部分って、周りにあまり見せたくないものですが、あり紗には気兼ねなく相談したりできますね。

 

――あり紗選手と知り合ったのは中学生くらいですか?

佐藤:中学生の時はJOC(ジュニアオリンピックカップ)で何となく存在を知っていた感じ。高校ではよく練習試合をしていましたが、私はものすごく人見知りなので、話したりとかは全然できなかったんですけど、お互いに知ってるという関係でした。その後、大学時代に選抜の合宿とかで一緒になって、話すようになった感じです。

 

――Vの他のチームでは仲のいい選手はいますか?

佐藤:大学の後輩がJTに4人いますが、会うと結構話します。

 

――その中では田中美咲選手が同じセッターですが、大学時代はライバルのような関係だったのでしょうか? 今年は全日本でも一緒になりますが…。

佐藤:そうですね。卒業後、同じリーグでプレーしたのは今シーズンが初めてだったのですが、リーグが違って客観的に見ていると「頑張ってるな」と思えるのですが、やはり同じリーグとか、全日本とか、同じくくりに入ってきてしまうと、相手のよさがわかる分、悔しさなどの意識が出てきますね。

 

――田中選手のいいところはどんなところだと思いますか?

佐藤:やっぱり組み立てとか、ミドルの使い方が上手いなと思いますし、「強気だな」と見てて思います。

 

――田中選手は東京五輪も狙ってるとおっしゃっていましたね。

佐藤:すごいなあ。すごいと思っちゃうからダメなんでしょうね(笑)

 

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事