全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>全日本ジュニア女子 アメリカをストレートで下し、ベスト4進出が決定

トピックス

2017-07-20 19:57 追加

全日本ジュニア女子 アメリカをストレートで下し、ベスト4進出が決定

世界ジュニア女子選手権大会(U-20) 2次リーグ戦の結果

V・プレミアリーグ 女子 / 全日本代表 女子 / 大学バレー 女子 / 高校バレー 女子

 全日本ジュニア女子チームが出場している「第19回世界ジュニア女子選手権大会(U-20)」は、19日、メキシコのコルドバで2次リーグ戦の第2戦が行われ、日本はアメリカと対戦した。

 日本のスターティングメンバーは、東谷玲衣奈、堀江美志、山口珠李、荒谷栞、松井珠己、黒後愛、岩澤実育。

 第1セット序盤、平均身長191cmというアメリカの高さを生かした攻撃に苦戦し、5-9とリードを許す。しかし、その後、黒後のサーブが機能し、攻撃のリズムも徐々に戻ってきた日本は、堀江や東谷らのスパイクで10-10と一気に追いついた。中盤は、徐々にミスが目立ってきたアメリカに対し、東谷のバックアタックや黒後のライトからの攻撃などで20-16と優位な展開に。終盤は、山口のサーブポイントや荒谷のブロックポイントもあり、最後は東谷のスパイクが決まり、25-18でセットを先取した。

 第2セットは出だしからアメリカの短いサーブやブロックで失点して0-3となり、日本はタイムアウトを要求。これで態勢を整えると、東谷や荒谷のスパイクで5-4と逆転に成功した。その後は高さを生かした攻撃やブロックで攻めるアメリカに対し、日本は山口のクイックや堀江、東谷のサービスエース、黒後の緩急をつけたスパイクなどで対抗し、19-19とお互いに譲らない展開に。ここで日本は東谷の連続スパイクポイントで21-19となって抜け出すと、アメリカの攻撃を散発に抑え、最後は荒谷のクイックで連続得点し、25-22とアメリカを突き放した。

 日本は第3セットに入っても好調な波を維持し、東谷のサイドからの攻撃や、荒谷、山口のミドルブロッカー陣の活躍で9-5と先行。リベロ岩澤のファインプレーに会場が沸く場面もあった。中盤から終盤にかけて、アメリカの反撃を単発に抑えながら黒後、山口、東谷らがサーブ、スパイク、ブロックなどで確実に得点し、日本が23-16と大きくリード。最後は堀江、荒谷のスパイクが決まり、25-17で第3セットを奪い、勝利した。

 この試合の結果、日本はベスト4進出が決定。また、同日の試合で中国もベスト4入りが決定した。日本時間21日5時(現地時間20日15時)からは、2次リーグ首位通過を懸けて、日本と中国が対戦する。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック