全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>アジア選手権優勝について 柳田将洋

トピックス

2017-08-31 08:00 追加

アジア選手権優勝について 柳田将洋

柳田将洋 アジア選手権優勝インタビュー

全日本代表 男子

――大会を通じて流れを変えるサーブがありましたが。

オーストラリアは世界選手権予選でもその前でも何度も当たったチーム。そこで流れを変えることができたと思います。サーブは自分の強みとして自信を持ってやっていきたい。

――もちろんサーブだけが武器ではないでしょうが、

流れを変える大きな武器でありたい。チームもそう思ってくれているので、その役割を果たしたい。

――個人的なサーブの意味はありますか。

サーブは、自分にとっての一番の武器ですから、そこから自分らしいプレーができるきっかけになりますね。

――5月からのワールドリーグが始まって、大会を重ねてきました。9月にはグラチャンがありますが。

グラチャンではさらにレベルの高い強豪国と当たりますが、安定し、かつ効果的なサーブで相手を崩したい。短い期間ではありますけど、更に調整したい。

――あと1ヶ月合宿があるが、ここを伸ばしていきたいのは。

個人的にレセプションがまだまだ。位置取りの仕方とか。そこは継続的な努力が必要でしょう。グラチャンでは更に厳しいサーブが来るはずですから。

――深津さんが、一度韓国に負けてミーティングをしてから若手が良くなったそうですが。

あの悔しさをバネにして跳ね上がった部分はある。

――最後に改めてグラチャンに向けての意気込みを。

強豪国とやるチャンス。「いい機会」と思わず、勝ちにいきたい。かんたんにサーブで崩せるとは思わないですけど、諦めずに攻めるサーブを入れ続けたい。

聞き手、写真:中西美雁

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事