全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>グラチャン アメリカ戦談話 中田監督「アメリカの対応能力に封じられた」冨永、内瀬戸、鍋谷

会見・コメント

2017-09-10 02:27 追加

グラチャン アメリカ戦談話 中田監督「アメリカの対応能力に封じられた」冨永、内瀬戸、鍋谷

アメリカ戦会見

全日本代表 女子

全日本女子バレーチームは9日、ワールドグランドチャンピオンズカップでアメリカと対戦し、フルセットで敗れた。冨永こよみ選手、内瀬戸真実選手、鍋谷友理枝選手、中田久美監督のコメント。

冨永こよみ

アメリカは非常に高さもパワーもあって、ブロックも、すごく動きがよく、高さもうまさもあり、とても強いチーム。でも、第1セットみたいな戦い方もできるし、今日も勝てたと思う。うまくいった部分もあるからこそ、すごく悔しいです。

内瀬戸真実
アメリカはブロックがすごく良かったが、日本の速さや時間差は通用していたので、今日勝ちきれなかったんですけど、切り替えて明日また強いチームと対戦するので、挑戦者として戦いたい。

鍋谷友理枝
今日の試合は、とれる試合だったと思いますし、良かったところもいっぱいあったが、とるべきところで決めれなかったり、勝ちたい気持ちが空回りして負けてしまった。
すごく悔しいが、切り替えて中国戦頑張りたい。

――とれた可能性もあったというが、どういうことができれば勝てたのか。
冨永
まずは、自分のトスの質がもっとよければ、アタッカーもブロックが高くても、ブロックを利用したり、間を抜いたりできる能力はあると思う。それを引き出せなかったトスが敗因。トス回しについては、ミドルをいいところで使えなかったので、先手先手でしかけていく展開にできたら勝てたと思う。明日は高いブロックのチームだが、アタッカーを信じて仕掛けていきたい。

――前半すごくよく決まっていたスパイクが、後半アメリカのブロックに対応されていたが。それに対してこうすればよかったとか思うところを。

内瀬戸
序盤は相手のブロックも分散していて決められたが、相手も対応してきて、2枚つかれたりしたので、そこはブロックアウトだったり、相手の嫌がるプレーができればよかった。スパイクにつなげる前のパスの質をもっとよくしたかった。

鍋谷
全体的に自分のスパイクのコースが甘くて、シャットされているボールも、もう少し(コースを)きりきれていたら、ブロックアウトできた。もう少しの部分が甘かった。もっと勝負しにいけるようにしたい。今日は自分の甘さが出て中に打ってしまった。もっと外にも打っていきたい。

――4セット目以降、フェイントが多かったが、ブラジル戦で有効だったからなのか。

鍋谷
試合に入る前に、相手のブロックが高いので、フェイントも11番の前にどんどんしていいったらいいと言われていた。相手にわかりやすいフェイントになって、ブロックで落とされてしまった。ねらっていったところが甘かった。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事