全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>「東京五輪に一緒に出たい」パナソニック同期座談会前編 山内・関田・今村

インタビュー

2017-10-08 18:25 追加

「東京五輪に一緒に出たい」パナソニック同期座談会前編 山内・関田・今村

同期座談会

V・プレミアリーグ 男子

山内選手・関田選手・今村選手

パナソニックパンサーズの若手同期3人組に座談会をしていただきました。お互いの紹介から、プレー面のこと、オフのことなど。昨年秋に取材したものですが、諸事情により掲載が今になりました。

――お互いの紹介を。
今村 山内は……自分はいままで見上げる人があまりいなかったので、凄い新鮮です。
山内 関田はストイックです。
関田 え〜ストイック(笑)。ありがとう(笑)。俺はヒコの紹介をすればいいですか? ヒコは、中学から一緒に長くやってるので、選抜とかで。だからもう…………(無言になる)。
今村 なんにもないのかよ。
関田 こんな感じですね(笑)。あっよく車で送って行ってくれます。

――関田さんは車もってないのですか?
関田 僕もってないんですよ。

――今村さんは運転手さんなんですね。
今村 運転手さん兼お手伝いさんになってます(笑)。

――山内さんは2014年に全日本に抜擢されてから、人生が大きく変わったと思うのですが。何が一番変わりましたか?
山内 生活が……栄養面だったり、いろいろバレーボール中心に考えています。

――関田さんは全日本初招集でいきなりOQTという大切な試合で出場でしたが、いかがでしたか?
関田 初めて候補に入って、そのときはまさか自分が最後まで残るとはと思っていたんです。でも、選考の合宿の時には「絶対に残ってやる」という、そういう気持ちで臨んでいました。

――同じチームからセッターが二人は珍しいと思うのですが。
関田 一昨年は特に大学での活動が多かったので、オミ(深津英臣)さんと同じチームという意識はぜんぜんなかったです。

――3人は入社前から知り合い?
今村 関田とはもちろん大学が同じなんで。山内とは世代別の選抜合宿で一緒だったんですけど、あまり喋ったことはない。
山内 そうだね。1回2回くらい。
関田 パナに行くっていうのを知ってからちょっと喋ったくらい。

――パナソニックに入社した理由を教えてください。
今村 僕は小学生の時に、パナソニックの宮崎の試合を見に行って、「かっこいいな」と思って、それで「あのチームに入りたい」と思ってここに入るためにきました。

――では、話が来た時はうれしかった?
今村 そうです。うれしかったです。

――元パナソニックの山本隆弘さんが人気だったころ?
今村 そうです。あの時代です。隆弘さんは僕のアイドルでした。

――その当時は今村さんはオポジットでした?
今村 オポジットもサイドも小学校は全部やってました。

――山内さんは?
山内 僕は最初全日本に選ばれた時に、遠征とかに行って、パナソニックの選手が多く選出されてますし、そこでいろんな選手から話を聞いて、パナソニックがいいなと思いました。
関田 山内が言った通り全日本の選手がいっぱいいて、その中でやりたいと思ったのと、深津さんがいたので、一緒にやって学ぶことも多くて、抜かしたいという気持ちで入りました。

――全日本の正セッターがいる中に、同じポジションで入ることについて、肝が座ってるなぁと思ったのですが、そこは学びつつ、いつか抜かすと?
関田 そうですね、日本の一番うまいセッターだと思っているので。それで自分も追いつけ追い越せじゃないですけど、チーム内で競争して、結果としてチームが勝てれば。

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事