全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>春高バレー 男女4強が出そろう。鎮西(熊本)、下北沢成徳(東京)などが準決勝へ

トピックス

2018-01-07 04:06 追加

春高バレー 男女4強が出そろう。鎮西(熊本)、下北沢成徳(東京)などが準決勝へ

高校バレー 女子 / 高校バレー 男子

八王子実践は東九州龍谷にフルセットで敗れる

八王子実践の東谷玲衣奈主将。卒業後はデンソーに入部予定で、今後の活躍も期待されている

北海道大谷室蘭をストレートで破った八王子実践は、準々決勝で東九州龍谷にフルセットの末、敗れた。
試合後、貫井直輝監督は、「たらればを言っても仕方ないが、東谷(玲衣奈)のコンディションが万全なら違った結果だったかもしれない。でも、1セット目を失い、劣勢の場面から2セット目を取り返したのはよく立て直したと思う。勝たせてやりたかったが、最後にいい試合をしてくれた」と涙ぐんだ。東谷は昨年11月の春高予選でボールを追ってフェンスにぶつかり、両すねを骨折。12月後半から練習を再開したが、完治していない状態だった。本戦を前に監督が本人に出場の意思を確認したところ、「何が何でも出場します」と決意が固く、コートに立つことに。
準々決勝を終え、周りの選手が号泣する中、涙を見せなかった東谷。「実は人一倍責任を感じていたと思う。キャプテンとして、自分が泣き崩れてはいけないと思ったのだろう。そういう子です」(貫井監督)。
今回はセンターコートに立つことができなかったが、2年前の東谷同様、1年生で既にスタメンを張る選手もいる。「来年また戻ってきたい」と、貫井監督は決意を新たにしていた。

写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事