全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>ゲームレポート>ロンドン五輪男子バレー セルビアvsブラジル

ゲームレポート

2012-08-06 21:53 追加

ロンドン五輪男子バレー セルビアvsブラジル

ロンドン五輪男子バレー、セルビアvsブラジルのレポートです。

Others

セルビアvsブラジル戦


 

Photo courtesy of FIVB

セルビアは大大大エースミリュンコビッチ選手が代表引退してから、ワールドリーグはあれど大きな大会は初かと思われます。
そして、ブラジルも一時の勢いはなく今は世界で一番強いかというとそうでもない感じですね。

ワールドカップではかろうじて3位でしたが、ミリュンコビッチ選手のセルビアには負けています。


3セット目途中くらいから確か見始めたと思うのですが…あんまり記憶が定かではありません。


個人的な感想としてですが、どちらも今までチームを支え続けた大エース、ブラジルだとジバ選手でセルビアはミリュンコビッチ選手がコートに立っていません。


ブラジルの弱点は、ムリロ選手の成長が少し遅れている事だと思います。
本来であれば、もっともっとコートの中で引っ張って欲しいという立場になるかと思われますが、今一つ。

今回、リカルド選手が帰って来ましたがワールドリーグで見た時には何気にムリロ選手だけリカルド選手のタイミングに合わずコートの中全体が壊れていた印象が残っています。


セルビアは、急にスーパーエース、ミリュンコビッチ選手がいなくなって、こんな大きな大会は厳しいと思いきや結構戦えてるのは素晴らしいですね。



結局、ブラジルはここのところ比較的活躍している、ルーカス選手とビソット選手を下げてしまいました。
もちろん理由は他にもあると思われますし、私の意見が絶対に合ってるとも限りません。
それが、ムリロ選手にはよく働いたように感じられました。もちろん他の選手にも。



そして、対するセルビアは最後、どうしてもスーパーエース依存のバレーが染みついてる感じで、1枚攻撃になるシーンが多かったです。
気になったのはチャンスボールをリベロがいるにもかかわらず、リベロではない選手が取りに行っていた事。
それは攻撃の枚数を減らしてるとしか思えないのです。



ですから、過去の栄光を少しでも捨て、そして選手に自覚を持たせようとしたブラジルの勝利という風に感じられた1戦でした。

でもセルビアはこれから面白そうなチームですね。
ミリュンコビッチ選手のいないセルビア、とっても楽しみです。

文責:chieko
引用元:好きを楽しむ

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック