パナ・クビアク「ファイナル6だからとプレッシャーを感じることはない。バレーが好きなので、好きなことをやるのに特に意気込むことはないから」東レ小林監督「ご覧のとおり完敗です」 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>パナ・クビアク「ファイナル6だからとプレッシャーを感じることはない。バレーが好きなので、好きなことをやるのに特に意気込むことはないから」東レ小林監督「ご覧のとおり完敗です」

会見・コメント

2018-02-10 20:49 追加

パナ・クビアク「ファイナル6だからとプレッシャーを感じることはない。バレーが好きなので、好きなことをやるのに特に意気込むことはないから」東レ小林監督「ご覧のとおり完敗です」

V・プレミアリーグ男子 ファイナル6初日の会見

V1リーグ 男子

清水、深津、クビアク

V・プレミアリーグ男子は10日、大田区総合体育館で試合が行われ、第1試合のパナソニック対東レは、3-0でパナソニックが圧勝した。

記者会見コメント

川村監督

初戦ということで固さがあるかなと思ったが、スタートからいい集中力で入れたのは明日に繋げられる。

 

――出だしのクビアクのサーブはあれ(連続得点)を期待していたのか。

そうですね。相手をいかにサーブで崩すかが、ポイントだと思っていた。

 

――ファイナル6に向けて一番準備してきたのは。つなぎもよかったですが。

コンディショニングです。つなぎの部分は、いつも口を酸っぱく言っていますし、これからも言います。

この1勝で緩むことはないと思っているが、常に目の前の1戦を引き締めて戦う。

 

清水邦広

非常に入りとしてはいいスタートを切れた。1セット目序盤からクビアクのサーブの勢いで勝利できた。全てにおいて、いいできで、いいスタートダッシュが切れたと思います。

 

深津英臣

クビアク選手のサーブから流れをつかめた。個人的にはまだまだスパイカーに助けられている。

われわれなら絶対できると思って目の前の1試合を戦います。

 

クビアク

まずは1試合勝てたというだけなので、いい試合ではあったが、まだ向上しないといけない部分もたくさんある。なのでこれから向上心を持ってプレーする。チャンピオンになるには、今日よりいいプレーをしないといけない。

 

――好スタートを切れた準備は。

深津

リードブロックを凄く徹底した。ブロックとディフェンスのシステムをずっとやってきた。ディフェンスが上がる数も多かった。

 

清水

同じです。サーブは相手のローテーションのデータごとにやった。

 

クビアク

個人としてそういうことを言うのは、あまり得意ではない。

 

――クビアク選手に。サーブの連続得点が大きかったが、メンタルと技術面、なにを心がけたか。

必ずサーブで心がけているのは、自分とボールの問題だけであって、次のセットがどうなるかとかは考えない。うちのチームには他にもいいサーブを打てる選手がたくさんいます。サーブはバレーで一番大事だと思っている。うちのチームは身長がそんなに高くないので、サーブなどでしっかりやらなければならない。相手のセッターが難しい状況になるようにサーブを打つ。

 

ファイナル6だからとかでプレッシャーを感じることはなかった。ただ単にバレーが好きなので。自分が好きなことに意気込みを感じることはない。もちろんプレーオフが自分にとってもチームにとっても大事なことはわかっています。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック