全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>久光製薬の新戦力 井上愛里沙&比金みなみ&中川美柚「日本代表が多いレベルの高いチームで自分を磨きたい」

インタビュー

2018-03-08 12:00 追加

久光製薬の新戦力 井上愛里沙&比金みなみ&中川美柚「日本代表が多いレベルの高いチームで自分を磨きたい」

久光製薬スプリングス 内定選手インタビュー

V・プレミアリーグ 女子

左から井上愛里沙、比金みなみ、中川美柚

 久光製薬スプリングスの2018年度新入部選手に内定した井上愛里沙選手(筑波大学)、比金みなみ選手(青山学院大学)、中川美柚選手(東九州龍谷高校)。井上選手は日本代表として2016年にはワールドグランプリに出場。昨年のユニバシアード大会では銀メダルを獲得した。比金選手は東九州龍谷高校時代に春高バレー、インターハイで優勝。昨年、インカレも制しMVPに選ばれた。中川選手は昨年の世界ジュニアのメンバーとして銅メダルを獲得。東九州龍谷のエースとしてインターハイで優勝、先の春高バレーで準優勝。
 記念すべき久光製薬スプリングス選手としての初インタビュー。期待の3人に意気込みなどを聞いた。

──久光製薬スプリングスの選手として、自己紹介お願いします。

井上愛里沙(以下、井上):久光製薬スプリングス22番、井上愛里沙(いのうえありさ)です。筑波大学4年生です。特技はピアノ。小学校6年生ぐらいまでやっていました。今もたぶん弾けます。ニックネームはショウマ(憧磨)です。

比金みなみ(以下、比金):久光製薬スプリングス23番、比金(ひがね)みなみです。青山学院大学の4年生です。音楽を聴いたり、テレビを見るのが好きです。好きなアーティストは三代目J Soul BrothersやEXILE。ニックネームはミナミです。

中川美柚(以下、中川):久光製薬スプリングス24番、中川美柚(なかがわみゆ)です。東九州龍谷高校3年です。好きなことは食べることです。

比金:めっちゃ食べるよね(笑)

──久光製薬スプリングスに入りたいと思った理由を教えてください。

井上:全日本の選手もたくさんいて、今一番レベルの高い久光製薬スプリングスで、もっと自分の技を磨きたいと思って決めました。

比金:久光製薬スプリングスには高校の頃から親しみがあって、バレースタイルも東龍(東九州龍谷高校)と似ている部分があります。こんなレベルの高いところで挑戦できるチャンスはなかなかないので、挑戦して自分を磨いていきたいと思って決めました。

青山学院大学ではキャプテンを務めた比金選手。インカレの優勝インタビューでは感極まる場面も

 

中川:東龍(東九州龍谷高校)の先輩方がたくさんいるというのもありましたし、憧れている選手の皆さん方のプレーが間近で見られるのは、自分にとってプラスだと思いました。高いレベルでやらせてもらえる機会があるのは嬉しいことなので決めました。

──比金選手はお姉さんもプレミアリーグの選手ですね(トヨタ車体の比金桃子選手)。何か言葉はありました?

比金:姉は違うチームですが、同じステージで戦えることをすごく喜んでくれています。私はまだまだ入ったばかりなので戦うという感じではないですが、早く姉にも追いついて、一緒のステージで戦えるように頑張っていきたいと思いますし、姉も応援してくれているので、また一緒に頑張っていけたら思っています。

──井上選手は筑波のチームメイトから何か?

井上:はい、「頑張って」と。「とりあえず生きててね」と言われました(笑)

──東龍のメンバーとはどうでしたか。

中川:お互い頑張ろうって話しました。

今年1月の春高でもエースとして活躍した中川選手

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック