ビーチバレー ワールドツアー2018 トゥアンチャウ大会女子 表彰台を溝江・橋本組ら日本の3チームで独占 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ビーチバレー ワールドツアー2018 トゥアンチャウ大会女子 表彰台を溝江・橋本組ら日本の3チームで独占

トピックス

2018-05-14 18:51 追加

ビーチバレー ワールドツアー2018 トゥアンチャウ大会女子 表彰台を溝江・橋本組ら日本の3チームで独占

ビーチバレーワールドツアー トゥアンチャウ大会の結果

ビーチバレー

 ビーチバレーボールワールドツアーは、12日、女子トゥアンチャウ(ベトナム)大会の決勝戦と3位決定戦が行われた。

 決勝戦は、溝江明香/橋本涼加組(いずれもトヨタ自動車株式会社)と永田唯(スポーツクラブNAS株式会社)/熊田美愛(リソースフォレスト株式会社)組の日本勢同士の戦いとなった。激闘の末、溝江/橋本組が2-1 (25-23、18-21、15-13) のフルセットで勝利し、優勝した。

 また、3位決定戦もフルセットの接戦となり、鈴木悠佳子(湘南ベルマーレ)/坂口佳穂(マイナビ/KBSC)組がイスラエルのSofia Starikov/Noy Chorin組を2-1 (21-18、17-21、15-13) で下し、日本の3チームが表彰台を独占する結果となった。

写真:FIVB

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック