全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ネーションズリーグ女子 セルビアにストレートで敗れ、黒星スタートに

トピックス

2018-05-16 11:36 追加

ネーションズリーグ女子 セルビアにストレートで敗れ、黒星スタートに

ネーションズリーグ女子 予選ラウンドの結果

全日本代表 女子

 バレーボールネーションズリーグ女子大会は、15日、ブラジルのバルエリで予選ラウンド第1週の初戦が行われ、全日本女子はセルビアと対戦。ストレートで敗れ、初戦を勝利で飾ることはできなかった。

 スターティングメンバーは、石井優希、岩坂名奈、古賀紗理那、黒後愛、島村春世、冨永こよみ、井上琴絵。

 第1セット、立ち上がりは得点チャンスをものにできず、相手の高さにも手こずり、4-8とリードされて、最初のテクニカルタイムアウトに。中盤は日本も粘りが出てきたが、黒後のスパイクが連続してアウトになり、11-16とリードを広げられ、2回目のテクニカルタイムアウトとなる。終盤も、サーブとサーブレシーブが機能せず、相手のエース・№18ボシュコビッチに決められ、18-25で落とす。

 第2セットは、黒後に代わって井上愛里沙でスタート。序盤から相手の高いブロック、強烈なスパイクにブロック、ディフェンスが機能せず、2-8とリードされる。終始セルビアリードで試合が展開し、相手サーブにサーブレシーブが完全に崩され、12-21と一方的なセルビアペースとなってしまう。最後もボシュコビッチに高さのあるスパイクを決められ、17-25とセットを連取される。

 第3セットは、セッターを冨永から田代佳奈美に交代。サーブレシーブが田代に返り、古賀のスパイクも決まって、この試合初めて8-5とリードしてテクニカルタイムアウト。中盤、崩されながらもつなぎでふんばり、井上(愛)のスパイクも決まって、16-13とリードを保ったまま、終盤を迎える。しかし、セルビアの粘りで21-23と逆転され、最後もセルビアの高いブロックに古賀のスパイクがつかまり、22-25のストレートで敗れた。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事