全日本男子 親善試合でオランダに1-3で敗れる | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>全日本男子 親善試合でオランダに1-3で敗れる

トピックス

2018-05-16 12:25 追加

全日本男子 親善試合でオランダに1-3で敗れる

全日本男子 オランダ親善試合第1戦の結果

全日本代表 男子

 全日本男子バレーボールチームは、15日、合宿中のオランダ・アルメロでオランダ代表チームと親善試合を行い、1-3で敗れた。
 親善試合は17日に第2戦が行われる。

 日本のスターティングメンバーは、西田有志、李博、柳田将洋、福澤達哉、山内晶大、関田誠大、古賀太一郎。

 第1セットは、関田のサーブからスタート。ラリーから西田がスパイクを決め、初得点をあげるが、スパイクミスや相手のサービスエースで先行され、5-8でテクニカルタイムアウトに。日本は硬さが見られ、ミスが続いて苦しい展開となり、9-14でタイムアウトを要求する。関田はクイック、パイプ攻撃を効果的に使うが、なかなか点差は縮まらず、11-16で再びテクニカルタイムアウトを迎えた。
 その後、福澤のサービスエースや、好レシーブからの連続得点を重ねて14-16と追い上げると、サーブレシーブが乱れる中、西田が難しいボールを決めきり、18-21で終盤へ。西田を大竹壱青に交代、ラリーでスパイクを決め、20-22とするが、最後はブロックに阻まれ、21-25で失った。

 第2セット、序盤は李のサーブで崩すと、山内がスパイクを決め、連続得点で5-3とする。相手にフェイントなどを決められ、追いつかれるが、8-7でテクニカルタイムアウト。その後サイドアウトの取り合いとなるが、相手に連続ブロックを決められ、11-13で日本がタイムアウトを要求する。
 日本はクイックを効果的に使うが、13-16で2回目のテクニカルタイムアウトに。スパイクが決まらず、徐々に点差を広げられ、15-20。なかなか流れを変えられず、18-23となるが、李の3連続サービスエースで23-24まで粘りを見せた。最後は相手のスパイクが決まり、23-25でセットを失った。

 第3セット序盤は西田の連続サービスエースで5-2とリードし、相手がタイムアウトを要求。李のスパイクが決まり、8-5でテクニカルタイムアウトとなる。関田のサービスエースで9-6とするが、サーブレシーブの乱れから連続失点し、9-10と逆転され、タイムアウト。苦しい展開の中、井手智の好レシーブから髙野直哉が決めきり、12―12で追いつくと、李の連続サービスエースで14-12と逆転。16-15でテクニカルタイムアウトとなり、終盤へ。
 相手のブロックに阻まれるなど、連続失点で18-20となり、タイムアウトを要求。その後、柳田のサーブで崩すと、切り返しで李のスパイクが決まり、20-20と追いつく。サイドアウトの取り合いで息をのむ展開となるが、大竹の好サーブで相手を崩し、自らスパイクを決めて24-22でセットポイント。最後は大竹が渾身のサービスエースを決め、25-22でセット奪取した。

 このまま勢いをつけたい第4セット序盤、西田が強烈なサーブから自ら切り返しのスパイクを決め、髙野もサービスエースを奪うなど、リズムが出てきた日本。そこから一進一退の展開で7-8でテクニカルタイムアウトとなる。
 関田の絶妙なトスワーク、李のブロックも出て、お互い譲らず11-11。緊張感の保たれた中、16-15で2回目のテクニカルタイムアウトとなり、終盤に向かう。18-18で山内から伏見大和に交代すると、伏見がスパイクを決める。その伏見のサーブで崩し、相手のミスを誘い、22-20で相手がタイムアウトを要求。しかし、その後、相手にサービスエースを奪われ、22-22で今度は日本がタイムアウトを取る。23-24から最後はサーブで崩され、スパイクを決めきれず、23-25で惜しくも敗戦となった。

■矢島久徳強化委員長のコメント
 今シーズン最初の試合は、攻守のシステム構築を意識して臨んだ試合であった。今後、日々プレーの精度を高めていくよう取り組んでいくことが大事であり、これを積み重ねていけば高いレベルで勝負できるチームになると期待できる。
 初代表初スタメンの西田が要所で決める存在感を発揮し、途中出場の髙野がそつのないプレーでチームを落ち着かせるなど、今後に向けた好材料が見えた試合であった。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック